このページの本文へ

初の“AMD 690V”搭載Socket AM2対応マザーがMSIからデビュー!

2007年03月23日 21時29分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 今週20日に、まずはBiostarから初登場となったAMDの新型チップセット“AMD 690”シリーズだが、今度は同シリーズ下位モデルの“AMD 690V”を採用するSocket AM2対応マザーボード「K9AGM2-L」がMSIから登場した。

K9AGM2-L
シリーズ下位モデルの“AMD 690V”を採用するSocket AM2対応マザーボード「K9AGM2-L」がMSIから登場。HDMIとHDCP対応のDVI出力をサポートしない廉価モデルとなる

 “AMD 690V”は“AMD 690G”の下位モデルとなるチップセットで、HDMIとHDCP対応のDVI出力をサポートしない製品。その他の仕様については同じで“Radeon X700相当”といわれるチップセット内蔵のVGA機能には、Radeon X1000シリーズ以上でサポートされる動画再生機能“Avivo Technology”をプラスした“Radeon X1200”を備える。組み合わされるSouth bridgeは“SB600”。なお、同社からは上位モデルの“AMD 690G”搭載製品「K9AGM2-FIH」も発売される予定だ。

K9AGM2-L I/O部 ポップ
Micro ATXのシンプルな製品となっている「K9AGM2-L」。VGAや8chサウンド(Realtek/ALC888)、ギガビットイーサネット(Realtek/RTL8101E)、Serial ATA II(RAID対応)×4、ATA133×1などを搭載する

 主な仕様は、フォームファクタがMicro ATX。拡張スロットはPCI Express x16×1、PCI Express x1×1、PCI×2でDDR2 DIMM×2(DDR2-800/667/533、4GBまで)。オンボードインターフェイスにはVGAや8chサウンド(Realtek/ALC888)、ギガビットイーサネット(Realtek/RTL8101E)、Serial ATA II(RAID対応)×4、ATA133×1などを搭載する。価格および販売ショップは以下の通りとなっている。

価格ショップ
MSI「K9AGM2-L」
¥8,980BLESS秋葉原本店
¥9,300高速電脳
¥9,480ツクモパソコン本店II
¥9,780TWOTOP秋葉原本店

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

デル株式会社

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中