このページの本文へ

Radeon X1950 Pro搭載のOC版VGAカードがHISから2モデル発売

2007年03月20日 23時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Hightech Information System(HIS)から“Radeon X1950 Pro”を搭載したAGPとPCI Express x16対応ビデオカードが2モデル発売された。いずれも“IceQ cooling technology”採用冷却ファン搭載モデルとなる。

2モデル
“Radeon X1950 Pro”を搭載したAGPとPCI Express x16対応ビデオカードが2モデル発売。コア/メモリクロックが標準の575MHz/1.38GHzから590MHz/1.54GHzにオーバークロック。搭載メモリはDDR3 256MBでブラケット部はDual DVI/VIVO(HDTV出力)という構成

 インターフェイス以外のスペックは共通。冷却ファンはHISお馴染みの大型2スロット仕様“IceQ cooling technology”となるほか、コア/メモリクロックが標準の575MHz/1.38GHzから590MHz/1.54GHzにオーバークロック。搭載メモリはDDR3 256MBでブラケット部はDual DVI/VIVO(HDTV出力)という構成だ。販売しているのはアークで、価格はPCI Express x16対応の「H195PRQT256DDN-R-V2」が2万9480円、AGP対応の「H195PRQT256DDAN-R-V2」が3万1480円となっている。

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中