このページの本文へ

米アドビが“Apollo”のα版をリリース

早速、Apolloのサンプルアプリ6つを触ってみた

2007年03月19日 21時00分更新

文● 小口博朗

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Apolloの配布サイト
Apolloの配布サイト

米アドビ システムズ社(Adobe Systems)は19日、マルチプラットフォームで利用できるデスクトップRIA(リッチ・インターネット・アプリケーション)の実行環境、“Apollo”のα版を同社ウェブサイト“Adobe Labs”(http://labs.adobe.com/)で公開した。

Apolloは、デスクトップアプリケーションのようにウェブアプリケーションをデスクトップで実行するための環境(参考記事1参考記事2)。例えば、ウェブサーバー上でのユーザーデータの管理やウェブサービス同士の柔軟なデータ通信といった機能をフルにサポートしたまま、ドラッグ&ドロップやローカルファイルシステムとのシームレスな連携を実現する。

米アドビは大手企業での採用事例として、米eBayが開発中のデスクトップでオークションの検索/入札を行なえるクライアントを紹介している。

今回、ランタイムのほか6種類のサンプルアプリケーションがリリースされており、こちらも無償で試用できる。まずは、ランタイムをインストーラーを使って組み、この後でサンプルアプリケーションを個別にインストールして使用する。

Apollo用アプリのアイコン Apollo用アプリケーションのインストーラー(左)とアプリケーション本体(右)
インストールその1 インストールその2 インストールその3
Apollo用アプリケーションのインストール手順。インストーラーをダブルクリックするとウイザードが現れる。将来的にインストール場所の指定などの機能が盛り込まれることが予想される
ScreenPlay サンプルアプリケーションのひとつ『ScreenPlay』は、デスクトップに透明レイヤーを作り、線の色、透明度、太さを変えながら描き込みができるというソフト
Pixel Perfect 『Pixel Perfect』は、長方形のサイズをマウスドラッグで変えながら、縦横のピクセル幅を計測できるというもの
Lookup オンラインデータベースを指定して、語句を検索する『Lookup』。インクリメントサーチで、1文字入力するごとに候補を絞り込まれる
Scout 『Scout』では、ウェブページをブラウズしながら、そのHTMLソースやCSSなどを同時に確認できる。DOM(Document Object Model)ツリーの表示やスクリプトの確認などはタブで切り替える
Maptacular Google Maps/Localを独立したウィンドウ内で表示する『Maptacular』
Fresh RSSリーダーの『Fresh』。ローカルのファイルシステムとの間でOPMLファイルをインポート/エクスポートできるほか、タブによるビューの切り替え、時間を指定した自動更新機能などを備える。なお、OPMLとは、異なるOSや環境でアウトライン情報を交換することを目的に作られたXMLベースのフォーマットだ

ランタイムはWindows版とMac OS X版を用意しているが、アドビによればLinux版も準備中とのこと。このほか『Apollo SDK』や『Apollo Extension for Adobe Flex Builder 2.0.1』といった開発者向けツールの配布も始まっている。


カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

Windows 10&パソコン自作でゲーム三昧

スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください
ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART