このページの本文へ

あのワンセグTVチューナ「ちょいテレ」にデータ放送対応モデルが加わる

2007年03月01日 21時00分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 人気のUSB接続のワンセグTVチューナであるバッファロー「ちょいテレ」(型番:DH-ONE/U2)に、データ放送対応モデル「DH-ONE/U2P」が登場、今日から店頭に並んでいる。

「DH-ONE/U2P」 データ放送に対応 データ放送に対応
新たにデータ放送に対応したUSB 2.0対応ワンセグチューナー「DH-ONE/U2P」。操作は、マウスのホイールやキーボードの矢印キー/Enterキーで直感的に行えるほか、Windows Vistaにも対応済み

 「DH-ONE/U2P」は、データ放送に対応したUSB 2.0対応ワンセグチューナー。データ放送の操作(選択/操作)は、マウスのホイールやキーボードの矢印キー/Enterキーで直感的に行なえる。独自のワンセグ視聴/録画ソフト「PCastTV(ピーキャスト・ティービー) for ワンセグ」が付属しており、EPG(電子番組表)や字幕放送にも対応している。対応OSはWindows Vista/XP SP2以降。価格はスリートップ2号店で9800円、アークで1万800円となっている。
 なお、モバイル用に高感度アンテナを省略した「DH-ONE/U2M」や、外部アンテナとF型コネクター変換ケーブルをセットにした「DH-OP-FA」も今月中の発売を予定している。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中