このページの本文へ

“Athlon 64”初の65nmモデルが販売開始! TDPは62W→45Wに!

2007年02月27日 20時49分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AMD製のSocket AM2対応CPU“Athlon 64”に初の製造プロセス65nmの新モデルが加わった。発売されたのは「Athlon 64 3500+」と「Athlon 64 3800+」の2モデルだ。

2モデル
“Athlon 64”初の製造プロセス65nmの新モデルとなる「Athlon 64 3500+」と「Athlon 64 3800+」。従来の90nmプロセスとの主な変更点はTDP。62WだったTDPは今回の65nmプロセスモデルでは45Wとなっている

 従来の90nmプロセスとの主な変更点はTDP。62WだったTDPは今回の65nmプロセスモデルでは45Wとなっている。もっとも90nmプロセスモデルにもTDP35Wとなる「Athlon 64 3500+」が販売されている。ただ、こちらは販売価格が高めに設定されており、どうしても特別版という印象が強かった。そういう意味では、今回登場した2モデルに関しては販売価格が従来モデルとほとんど変らないのが嬉しいところといえるだろう。
 なお、その他スペックについては変更がないようで「Athlon 64 3500+」がクロック周波数2.2GHz/L2キャッシュ512KB、「Athlon 64 3800+」がクロック周波数2.4GHz/L2キャッシュ512KB。価格は「Athlon 64 3500+」がTSUKUMO eX.で1万1800円、ツクモパソコン本店IIで1万1890円、アークで1万2400円、「Athlon 64 3800+」がTSUKUMO eX.で1万2420円、ツクモパソコン本店IIで1万2600円、アークで1万3800円となっている。

3500+ 3800+
「Athlon 64 3500+」。クロック周波数2.2GHz/L2キャッシュ512KBでOPNは“ADH3500IAA4DE”「Athlon 64 3800+」。クロック周波数2.4GHz/L2キャッシュ512KBでOPNは“ADH3800IAA4DE”

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

最新記事

ASCII.jp特設サイト

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

デル株式会社