このページの本文へ

PowerPoint 2007やAccess 2007、Poser 7向けに

イーフロンティア、トレーニングソフト“e解説シリーズ”を発売

2007年02月26日 21時57分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)イーフロンティアは26日、トレーニングソフト“e解説シリーズ”の新商品として、PowerPoint 2007/Access 2007/Poser 7のトレーニングソフトを4月6日に発売すると発表した。

ラインアップは『e解説シリーズ はじめてでもわかる Microsoft Office PowerPoint 2007 教室』『e解説シリーズ はじめてでもわかる Microsoft Office Access 2007 教室』『e解説シリーズ まいこのPoser 7教室』の3製品。価格は『e解説シリーズ はじめてでもわかる Microsoft Office PowerPoint 2007 教室』『e解説シリーズ はじめてでもわかる Microsoft Office Access 2007 教室』が1980円、『e解説シリーズ まいこのPoser 7教室』が2500円。

同製品は、動画と音声で学習できる“e解説シリーズ”の新製品。

『e解説シリーズ はじめてでもわかる Microsoft Office PowerPoint 2007 教室』 『e解説シリーズ はじめてでもわかる Microsoft Office PowerPoint 2007 教室』

“PowerPoint 2007 教室”では、基本的な使い方のほか、SmartArtグラフィックの設定や変更、グラフ/図形/写真などの挿入/設定や、スライドショーの作成方法を学習できる。対応OSはWindows Vista/XP/2000。対応機種はWindows Media Player 9以上、Internet Explorer 6.0以上を搭載したPC/AT互換機。

『e解説シリーズ はじめてでもわかる Microsoft Office Access 2007 教室』 『e解説シリーズ はじめてでもわかる Microsoft Office Access 2007 教室』

“Access 2007 教室”では、新機能のリボンの使い方や、フィールド内のテーブルの扱い方/ルックアップ列/デザインビューなどのほか、フォームでの書式設定/クエリの作成方法/データのインポート/エクスポートの実行方法などについて学習できる。対応OSはWindows Vista/XP/2000。対応機種はWindows Media Player 9以上、Internet Explorer 6.0以上を搭載したPC/AT互換機。

『e解説シリーズ まいこのPoser 7教室』 『e解説シリーズ まいこのPoser 7教室』

“まいこのPoser 7教室”では、インターフェースの概要やカメラ/ライト/マテリアルの基本的な使い方、フィギュアの設定方法などを学習できる。Poserの新機能を分かりやすく紹介しており、前バージョンとの変更点が正しく理解できるという。同製品はハイブリッド版となっており、対応OSはWindows Vista/XP/2000、Mac OS X 10.3以降。対応機種はWindows Media Player 9以上、Internet Explorer 6.0以上を搭載したPC/AT互換機か、QuickTime Player 6.5以上、Safariを搭載したMacintosh。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン