このページの本文へ

【速報】マックでiDやトルカが利用可能に!!

NTTドコモとマクドナルド、マクドナルド店舗におけるおサイフケータイ利用推進に関する提携と新会社設立を発表

2007年02月26日 17時25分更新

文● 編集部 飯塚岳史

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモと日本マクドナルドホールディングス(株)(以下、マクドナルド)は26日、全国のマクドナルド店舗での“おサイフケータイ”の利用促進における提携と、マクドナルドが今年10月に設立を予定している新たな会員組織の新会員に向けた宣伝活動などを企画・運営する新会社を、今年7月に両社の出資で設立すると発表した。

新会社の名称は未発表だが、会社形態は株式会社になり、設立時期は今年7月を予定。株主構成としては、マクドナルドが70%、NTTドコモが30%の株式を保有する。払込資本金は3億円。

今回の提携では、全国のマクドナルドにてNTTドコモの携帯電話機を利用したクレジットサービス“iD(アイディー)”と、おサイフケータイを店頭のリーダーライターにかざすだけで電子クーポンなどを端末に取り込める“トルカ”サービスを10月より各店舗に順次導入していき、おサイフケータイを中心とした“e-マーケティング”を共同で推進していくという。

また、マクドナルドは今年10月をめどに新たな会員組織を設立。ユーザーに対するロイヤリティーを高め、これまで以上により充実したサービスを提案していくとしている。その上で今回設立する新会社による宣伝活動を新規会員向けに行なっていくほか、既存サービス(マックジョイクラブ)の会員に対しても新会員サービスへの入会を勧めていくという。

なお、本発表に関する発表会が本日開催されており、これらの詳細、および発表会の模様は追ってレポートする予定。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART