このページの本文へ

MSIの“nForce 650i SLI”マザー「P6N SLI-FI」の販売がスタート

2007年02月21日 22時07分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 “nForce 650i SLI”を搭載するLGA775対応マザーボード「P6N SLI-FI」がMSIから発売となった。同チップセットを搭載するマザーボードとしてはASUSTeK「P5N-E SLI」がすでに発売済みだ。

「P6N SLI-FI」 「P6N SLI-FI」
“nForce 650i SLI”を搭載するLGA775対応マザーボード「P6N SLI-FI」がMSIから発売。ASUSTeK「P5N-E SLI」に続いての登場だ

 製品は、MSIの文字が入ったブルーカバーのヒートシンクが目立つデザイン。South bridgeは“nForce 430i”で、その他、主なスペックは拡張スロットがPCI-Express x16×2(SLI時はPCI-Express x8動作)、PCI-Express x1×1、PCI×3。メモリはDDR2 DIMM×4(DDR2-800/667/533、最大16GB)で、ギガビットイーサネットやIEEE1394(VIA/VT6308P)、8chサウンド(Realtek/ALC888)、Serial ATA II×4(RAID対応)、Ultra ATA 133×2などをオンボードする。価格はアークで2万1980円、高速電脳で2万2980円、ツクモパソコン本店IIとTSUKUMO eX.で2万3480円となっている。

ヒートシンク I/O部
MSIの文字が入ったブルーカバーのチップセット用ヒートシンク。ちなみにSouth bridgeは“nForce 430i”となるI/O部の構成は比較的シンプルながら一通りのオンボードインターフェイスを備える

【関連サイト】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中