このページの本文へ

「YouTubeは個人で楽しむ分には問題ない」利用者の7割が支持

2007年02月20日 23時30分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 マイナスの側面やプラスの側面。さまざまな角度から語られる“YouTube”。民間リサーチ会社の(株)メディアインタラクティブが行なった調査によって、国内ユーザーのYouTubeに関する意識が明らかになった。

“YouTubeに対する考え”アンケート結果
“YouTubeは著作権侵害など問題がある”と答えたのは18.2%

 調査結果によると、回答者の約半数(48%)がYouTubeの名前と内容を知っており、1/3以上(36.9%)が実際にYouTubeで動画を視聴したことがあった。さらに視聴経験者の約7割(70.9%)が“個人が楽しむ分には問題ないサイト”だと思っているという。

 

 なお、視聴されているコンテンツの1位は“日本のテレビ番組”(62.7%)。2位が“ホームビデオなどで撮られた一般の人からの作品”(50.1%)。3位が“日本の音楽プロモーションビデオ”(35.6%)となっている。

“YouTubeに関する利用実態調査”

調査手法:インターネットリサーチ
対象:アンケートサイト“アイリサーチ”のモニター
調査期間:2007年2月1日~2日
有効回答数:2186人(18歳以上の男女)

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII.jp特設サイト

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART