このページの本文へ

NTTドコモ、11.4mmのスリムケータイ『N703iμ』を20日に発売

2007年02月15日 19時32分更新

文● 永島和夫

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモとNTTドコモグループ8社は15日、2つ折りタイプではW-CDMA端末最薄(2007年1月16日、同社調べ)となる薄さ11.4mmのFOMA携帯電話機『N703iμ(ミュー)』を今月20日に全国一斉発売すると発表した。

N703iμ FOMA『N703iμ』。左から“RED”“BROWN”“GREEN”

N703iμは日本電気(株)製の携帯電話機で、今月9日に発売しているFOMA『P703iμ』(パナソニック モバイルコミュニケーションズ(株)製)とは同じ薄さとなる。このサイズでありながら、連続待受時間は690時間を実現。さらにmicroSDカードスロット、有効130万画素のカメラ機能などを搭載している。

背面のサブディスプレーは持たないが、現在時刻の表示や再生中の音楽ファイルのトラックナンバーなどを表示できる背面LED“My Signal”を搭載する。メインディスプレーは約2.3インチ(240×345ドット/26万2144色表示)のTFT液晶パネルとなる。

そのほか、連続通話時間は音声が約200分、テレビ電話が約135分。連続待受時間は静止時で約690時間、移動時では約500時間。本体サイズは幅49×厚さ11.4×高さ103mm、重さは約90g。カラーは“RED”“GREEN”“BROWN”の3色。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン