このページの本文へ

AMDがOpteronに新モデル5機種を追加、出荷を開始

2007年02月07日 21時00分更新

文● アスキービジネス編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本AMDはサーバ/ワークステーション用のCPUであるOpteronに新モデルを追加し、出荷の開始を発表した。

TDP 95Wのメインストリーム2種と68Wの高効率モデル3種を追加

 日本AMDはサーバ/ワークステーション用のCPUであるOpteronに新モデルを追加し、出荷の開始を発表した。追加されたのは、TDP(熱設計電力)が68Wの高効率モデルが1218 HE、2218 HE、8218 HE(各2.6GHz)の3種類、TDP 95Wのメインストリームモデルに2220、8220(各2.8GHz)の2種類、計5種類となる。

 すべての新モデルにはAMD PowerNow!テクノロジーが搭載されており、負荷に応じてクロック速度と電圧をコントロールすることで、アイドル時には消費電力を最大75%削減する。これにより、負荷の変位が大きいデータセンターでは、総合的な消費電力を大幅に抑制可能としている。

 またこれらの新モデルは、2007年中旬に発表予定のクアッドコア・プロセッサ(コードネーム、Barcelona)へのシームレスなアップグレードパスが提供される。

 価格は1218 HEが432ドル、2218 HEが611ドル、8218 HEが1340ドル、2220が698ドル、8220が1514ドル(いずれも1000個あたりの出荷価格)。

カテゴリートップへ

ピックアップ