このページの本文へ

オンキヨー、フレームにアルミ無垢材を採用したキーボードを発売

2007年02月06日 17時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

オンキヨー(株)は6日、フレームにヘアライン加工を施したアルミ無垢材を採用したUSBキーボード『KB-1(S)』『KB-1(B)』を2月中旬に、ワイヤレスキーボードとマウスをセットにした『KM-1W(S)』を3月下旬に発売すると発表した。直販サイト“e-onkyo direct”では、『KB-1(S)』『KB-1(B)』は本日、『KM-1W(S)』は3月中旬に予約受け付けを開始する。価格はいずれもオープン。“e-onkyo direct”での価格は『KB-1(S)』『KB-1(B)』が6980円、『KM-1W(S)』は未定だが1万2000円前後~1万3000円前後を予定しているという。

『KB-1(S)』 『KB-1(B)』
『KB-1(S)』『KB-1(B)』

『KB-1(S)』『KB-1(B)』はフレームにヘアライン加工を施したアルミ無垢材を使用し、木目のインテリアや、ミニコンポに近い外観を持ち高品位サウンドカードを搭載するなど音響性能を重視して設計された同社のオーディオパソコン『HDC-1.0』とマッチする高級感のあるデザインを意図しているのが特徴。“Num Lock”と“Caps Lock”のLED表示にもブルーLEDを採用し、『HDC-1.0』との統一感を出したという。本体カラーがシルバーの『KB-1(S)』とブラックの『KB-1(B)』をラインアップする。

キー部分はパンタグラフ方式の日本語106キーボードで、キーピッチは19mm。ウェブブラウザーやメーラーの操作などを行なえるホットキー×7を装備する。インターフェースはUSB 2.0/1.1に対応。キー寿命は800万回。本体サイズは幅425×奥行き203×高さ26mm、重量は1245g。対応OSはWindows Vista/XP/2000/Me。対応機種はPC/AT互換機。

『KM-1W(S)』
『KM-1W(S)』

『KM-1W(S)』は、ワイヤレスキーボードとワイヤレスレーザーマウスをセットにした製品。キーボードのフレームとマウスカバー、マウスボタンに“KB-1”と同じアルミ無垢材を採用した。

本体カラーはシルバーのみ。キーボードのキー部分はパンタグラフ方式の日本語106キーボードで、キーピッチは19mm。ウェブブラウザーやメールソフトの操作、CDの再生などが行なえるホットキー×18を装備する。キー寿命は800万回。マウスの解像度は800dpi。インターフェースはUSB 2.0/1.1に対応。通信方式は2.4GHz帯デジタル方式で、周波数帯は2.402~2.480GHz。最大受信距離は見通しで約10m。本体サイズと重量は、キーボードが幅429×奥行き160.5×高さ25mm、620g(電池を含まず)で、マウスが幅55.6×奥行き105×高さ35.1mm、81g(電池を含まず)。電源はキーボードとマウスともに単4形乾電池×2を利用する。アルカリ乾電池を使用したときの電池寿命は、1日8時間の連続使用でキーボードが約3ヵ月、マウスが約1ヵ月。対応OSはWindows Vista/XP/2000/Me。対応機種はPC/AT互換機。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン