このページの本文へ

【PanaSpot】予定台数完売も、大好評につき50台限定で追加販売!!

限定販売のLet'snote PRO R1/T1“オールブラックモデル”大好評発売中!

2003年04月01日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

2002年12月、「ASCII24 PanaSpot」では、松下のオンラインショッピングサイト「パナセンス」とのコラボレーションモデルとして、PanaSpotでしか買えない特別カラーモデル『Let'snote PRO R1“オールブラックモデル”』を発売、大好評のうちに予定台数の100台を完売した。そして、Let'snote PRO R1およびT1の新モデルが発表となった1月28日、“オールブラックモデル”第2弾が発表された。前回の“オールブラックモデル”はR1のみだったが、今回はR1に加えてT1の“オールブラックモデル”も登場する。

Let'snote PRO R1およびT1の最新モデルをベースとした、天面全体がブラック仕上げの『Let'snote PRO R1/T1“オールブラックモデル”』。ASCII24 PanaSpotとパナセンスのコラボレートで実現した、レア度“高”の希少モデルだ!

天板の塗装は前回に引き続きつやありの美しいメタルブラック。R1については天板左右両側面の「LCDカバー」がブルーブラックで、R1、T1ともに天板全体がブラック塗装で統一されている。前回のモデルと同様、オールブラックのLet'snoteが買えるのはパナセンスだけ。しかも台数は100台限定のレアアイテムだ。

“Let'snote PRO マイレッツ倶楽部モデル”では、春モデルでも従来と同様に無線LANの有無が選択できるが、PanaSpot&パナセンス今回のオールブラックモデルでは、無線LANの普及度と便利さ、そしてパワーユーザーの多いASCII読者の趣向を考慮し、無線LANを標準搭載とした。また、パソコンとしてのパワフルさも重視し、HDDは40GB、メモリーは256MBを基本スペックとして設定している。もちろん、“Let'snote PRO マイレッツ倶楽部モデル”の特徴であるオーダー時のカスタマイズもOKで、本モデルでは、

  • Microsoft Office XPの有無(なし/Personal/Professionalから選択)
  • メモリー増設
  • 底面のネームプレート(文字および表面仕上げの選択が可能)

といった点を変更・追加できる。

さらに、特典として、

  1. 3年保証の追加が無料(予約限定。通常は有償、5000円)(予約期間終了に付き、現在は有償での追加となっています。ご了承ください。)
  2. 256MB増設メモリーを通常より安い1万8000円で提供(通常価格2万4000円)

が用意されている。

販売価格は、『Let'snote PRO T1“オールブラックモデル”』が21万8800円から、『Let'snote PRO R1“オールブラックモデル”』が21万3800円から(いずれもメモリ256MB、Microsoft Officeなしの標準構成時の価格)。前回は通常モデル発表後しばらくしてからの販売だったにもかかわらず、予想をはるかに上回るスピードで完売した“オールブラックモデル”。T1&R1の揃い踏みとなった今回も、そのレア度とASCIIオススメのパワフル仕様は健在だ。前回買い逃した人も、これから春に買うパソコンを選ぼうという人も要チェックの1台だ!

カテゴリートップへ

レッツノート 最新ラインナップ