ASCIIjp - ダイヤモンド・オンライン配信記事一覧

このページの本文へ

ダイヤモンド社の注目記事がアスキーに!

ダイヤモンド・オンライン配信記事

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 2018年09月25日 06時00分

    住宅用太陽光発電の誤算、「10年で投資回収」は大ウソだった

    2019年に住宅用太陽光発電を対象にした固定価格買い取り制度(FIT)が期限を迎える。しかし、政府が描くFIT終了後のビジネスモデルは盛り上がりそうにない。

  • 2018年09月25日 06時00分

    武田薬品に大衆薬事業の身売り観測、子会社社長に外資の幹部就任で

    医療用医薬品で国内トップの武田薬品工業。その子会社で大衆薬大手の武田コンシューマーヘルスケアは3月末から事実上、社長が空席だった。今月、メガファーマ(巨大製薬会社)である英アストラゼネカ日本法人の呼吸器事業本部長だった野上麻理氏(49歳)が就任し、社内には期待と不安の声が錯綜する。

  • 2018年09月25日 06時00分

    屋台でも導入可!スマホのキャッシュレス決済が手軽な理由

    8月下旬の残暑が厳しいその日、福岡・天神の屋台街で見慣れない光景が広がっていた。若い女性客が店頭に置かれたQRコードにスマートフォンのカメラを向けている。なんと、スマホでQRコードを読み取って「お勘定」していたのである。

  • 2018年09月25日 06時00分

    大正製薬が創業以来初リストラ、製薬業界「異常事態」の背景

    製薬中堅の大正製薬ホールディングス(HD)が今月発表した1912年の創業以来初の早期退職募集結果は、全従業員約6300人の約15%にも当たる948人だった。かつてなく各社がリストラを断行する今年の製薬業界の中で、最多となった。

  • 2018年09月25日 06時00分

    好調の「ファミドンキ」店舗をファミマが増やせない理由

    天井から吊り下げられた駄菓子、人の身長より高い所にまでぎっしり積み上げられたペットボトル飲料……。ファミリーマートの店内なのに、まるでドン・キホーテを思わせるのは、6月に都内3店でオープンしたファミマとドンキの共同実験店舗だ。ファミマの親会社のユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)とドンキホーテHDが資本業務提携したことによる取り組みの一環である。

  • 2018年09月24日 06時00分

    日本映画が国際評価で韓国映画の後塵を拝している理由

    第71回カンヌ国際映画祭で、是枝裕和監督作品「万引き家族」が日本映画として21年ぶりに最高賞であるパルムドールを獲得した。この長い空白期間は、日本の実写映画が国際的な評価から縁遠い存在となっていることの証しだろう。そこで今、改めて近年の日本映画の問題点、日本映画界が今後目指すべきことについて、東京国際映画祭で作品選定ディレクターを務める矢田部吉彦氏から話を聞いた。

  • 2018年09月24日 06時00分

    廃校が水族館に変身して大人気!地元漁師の協力でユニークな展示も

    廃校を活用した水族館・むろと廃校水族館(高知県・室戸市)が人気を集めている。オープンから3ヵ月半で、来館者は6万人を超えた。いかにして日本初の廃校水族館が誕生したのか、そのオープン秘話に迫った。

  • 2018年09月21日 06時00分

    コスタリカ戦で大活躍、「リオ五輪世代」台頭の裏にある法則

    コスタリカ代表に快勝し、順風満帆に船出した新生日本代表が力強い鼓動を奏で始めている。4年後のワールドカップ・カタール大会へ向けて、25歳の遠藤航の言葉から、新たな世代の覚悟と決意を追った。

  • 2018年09月21日 06時00分

    中堅生保が乗合代理店に「自社推奨なら手数料上乗せ」の波紋

    生命保険会社が乗合代理店に支払う販売手数料をめぐって、金融庁が抜本的な規定の見直しを求める中、業界内でまたぞろ暗闘が繰り広げられている。

  • 2018年09月20日 06時00分

    地震保険は来年値上げ、加入検討は早めが得策

    東日本大震災などをきっかけにして、加入者が右肩上がりに増えている地震保険。全国の火災保険に対する付帯率は2017年度で63%と、10年前と比べると20ポイント近くも上がっている。

  • 2018年09月20日 06時00分

    「移住してでも子どもを入れたい」長野に開校予定の欧州流異色小学校

    2019年春、欧州で発展したユニークな教育システム「イエナプラン教育」の小学校が長野県に開校する予定だ。事前見学会や説明会は盛況で、中には首都圏から移住まで検討する家庭も。一体、どんな教育方針なのだろうか?

  • 2018年09月20日 06時00分

    コンサドーレ札幌社長に聞く、成績も経営も立て直せた理由

    ミハイロ・ペトロヴィッチ監督を招聘し、J1残留2年目のシーズンを戦う北海道コンサドーレ札幌は、2018年シーズンで結果を残しつつある。快進撃を経営者の立場から支えているのが野々村芳和社長だ。

  • 2018年09月20日 06時00分

    警察官の「拳銃」をめぐる事件頻発、緊張感はどこへ行った

    和歌山県警機動隊の20代男性巡査が14日、拳銃を一時紛失していたことが発覚した。約1時間20分後に住民が「落とし物」として届けて事なきを得たが、もし悪用されていたらどうなっていたか…。

  • 2018年09月19日 06時00分

    スルガ銀の業務停止は必至、他地銀との合従連衡も取り沙汰

    地方銀行随一の収益性を誇ったスルガ銀行は、女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」に絡む不正融資問題でメッキが剥げた。9月7日に発表された第三者委員会の調査報告書では、不動産投資向け融資での「無法地帯」(大手地銀関係者)ぶりが、白日の下にさらされている。

  • 2018年09月19日 06時00分

    なぜ警備ビジネス業界は拡大が続くのにブラック企業だらけなのか

    街を歩けば、オフィスや商業施設、工事現場など、いたるところで目にする警備員の存在。多くの人が知っているようで知らない警備ビジネスの実態を、仙台大学体育学部准教授で、著書『警備ビジネスで読み解く日本』(光文社新書)がある田中智仁氏に聞いた。

  • 2018年09月19日 06時00分

    北海道地震による大停電が北電の経営危機を引き起こす理由

    北電は東日本大震災の後、原子力発電所の新規制基準に対応するために泊原発が停止に追い込まれ、代替の火力発電所を稼働させたことにより、燃料費がかさんで経営を圧迫。2012年3月期から3期連続で最終赤字を計上し、14年3月期の自己資本比率は5.4%にまで落ち込んで、危険水域に達していた。

  • 2018年09月19日 06時00分

    「本を読まない子はバカになる」という話は科学的に実証できるか

    「本を読む子は頭がいい」――昔から言われていることだが、それは本当なのか?小中学生4万人のデータから科学的に実証する!読書習慣が子どもの脳に与える影響とは!?東北大学加齢研究所によるレポートの中身とは!同研究所の川島隆太教授監修の『最新脳科学でついに出た結論 「本の読み方」で学力は決まる』(青春出版社刊)から抜粋してお知らせする。

  • 2018年09月19日 06時00分

    日本の労働生産性がG7で最下位にとどまる理由

    日本の労働生産性はなぜ低いのか。国際比較をして浮き彫りになるのは、製造業で突出した生産性を持つ牽引力になる産業がないのと、短時間労働者の賃金が低く、しかもその割合が増えていることだ。

  • 2018年09月18日 06時00分

    地震・台風がLCC発着多い関空・新千歳を直撃、GDP押し下げも

    今年の夏は酷暑に加え、大型の自然災害が四つも日本列島を襲った。想定をはるかに超える自然の猛威が日本経済に大きく影を落とした。

  • 2018年09月18日 06時00分

    iPhone、メルカリでの相場を初公開!SEが6sよりも高い理由

    週刊ダイヤモンドがメルカリの取引価格データを独占入手。総取引件数2.8億件を超すメルカリで形成される相場は、消費者のリアルなニーズを反映した現代の価値の指標だ。iPhoneを例に、ここでしか見ることのできない新しい価格の世界を探る。

  • 2018年09月14日 06時00分

    中国IT大手「ファーウェイ」の正体、米国が最も潰したい企業

    米国が最も警戒する中国のIT企業、ファーウェイ。米中貿易戦争の渦中にありながら、研究開発部門の最前線を取材することが許された。ファーウェイの正体を明かしていこう。

  • 2018年09月14日 06時00分

    新生サッカー日本代表を担う堂安・南野・中島「若手三銃士」の素顔

    新生日本代表がコスタリカ戦で3‐0と快勝した。活躍したのは、前線で先発として抜擢された20歳の堂安律、23歳の南野拓実、そして24歳の中島翔哉だ。世代交代の旗手となる「若手三銃士」の素顔と、3人を輝かせた森保監督の采配を追った。

  • 2018年09月14日 06時00分

    キヤノンとニコンが今夏フルサイズ版ミラーレスに参入した事情

    一眼レフの二巨頭もついに、“本丸”を明け渡すことになるのだろうか――。世界の一眼レフカメラ市場のシェアを二分するキヤノンとニコンが、相次いで初のフルサイズミラーレスカメラを発表した。フルサイズミラーレスは、画質では一眼レフと同等以上の写真が撮影できるカメラだ。

  • 2018年09月13日 06時00分

    動画配信で「本数」が圧倒的なのは日本企業だった!

    HULUやNetflix、Amazonなど、国内外企業がしのぎを削る動画配信市場。意外だが、世界で初めて携帯に動画配信をしたのはビデオマーケットという日本企業。今でも配信本数では圧倒的で、上映中映画の配信など、光る独自サービスを提供している。

  • 2018年09月12日 06時00分

    株式投資への増税が19年度税制改正で浮上、軽減税率の財源確保で

    中央省庁による2019年度当初予算の概算要求が8月末にまとまり、予算編成と税制改正に向けた議論が今後本格化する。大きな焦点は、来年10月の消費税率の引き上げに伴う景気対策と、食料品などに適用する軽減税率の財源確保だ。

  • 2018年09月12日 06時00分

    「お母さんスマホに夢中で話を聞いてくれない」怖い大人のスマホ依存

    スマホ依存に関する講演をしていると、親と話をしたい年頃なのに、親がスマホでLINEやゲームに熱中してしまい、子どもが困っているという話が少なくない。そこで今回はITジャーナリストの高橋暁子氏が大人のスマホ依存について迫った。

  • 2018年09月12日 06時00分

    「好きなこと」を仕事にする人が不幸になりかねないワケ

    巷でよく聞く「好きなことを仕事に」。耳触りがよく若者に歓迎されるフレーズだが、うかつに趣味を仕事にしてしまうと、逆に好きなことから遠のくことになるかもしれない。趣味と仕事を両立させるにはどうすればよいのか? 本当に満たされた人生を送るためのヒントを、本田直之氏の『何を捨て何を残すかで人生は決まる』から抜粋して紹介する。

  • 2018年09月12日 06時00分

    リーマン後10年、「労働節約的イノベーション」が新たな危機の火種になる

    リーマンショックから10年、金融規制強化など危機の芽を摘む努力がされた一方で、バブルを作ることでしか完全雇用が実現しない「不都合な真実」がある。それをもたらしたのは「労働節約的なイノベーション」だ。

  • 2018年09月12日 06時00分

    建機レンタル業界が西日本豪雨で需要増でも低利益な理由

    建設機械レンタル市場が活況を呈している。2017年度の市場規模は10年度比で約2倍に成長した。もともと、東日本大震災の復興需要や東京五輪に向けた首都圏の建築ラッシュで需要が拡大していた上に、今夏の西日本豪雨の発生で土木工事が激増しているためだ。

  • 2018年09月11日 06時00分

    新生サッカー日本代表は3歳も若返り、予想以上の世代交代は吉と出るか

    北海道大地震の発生を受けて、7日のチリとの初陣が中止となった新生日本代表。11日のコスタリカ戦に臨む森保ジャパンの顔ぶれは、西野ジャパンから一新され、23人の平均年齢もちょうど3歳若返った。森保一新監督のチーム作りの意図を紐解く。

  • 2018年09月11日 06時00分

    企業守る「ホワイトハッカー」を官民で奪い合う愚

    犯罪者によるハッキングから企業を守る正義のハッカーの争奪戦が激化している。政府が企業からの中途採用を増やしているからだ。民間からは、「各省縦割りでの採用は適材適所を妨げ、セキュリティーの向上に逆行する」との声が上がっている。

  • 2018年09月11日 06時00分

    加熱式たばこ初の増税、「横並び値上げ」がなくなる?

    10月から始まるたばこ増税に合わせ、たばこメーカー各社の値上げ発表が出そろった。その裏で、メーカー側はかつてないほどの神経戦となった。加熱式たばこがこれまでと異なる税方式となったからだ。

  • 2018年09月11日 06時00分

    悪徳NPOの闇、社会貢献の美名で若者を月給18万で酷使しポイ捨て

    近年、急増する“ブラックNPO”。仕事に“やりがい”を求めたり、自己肯定感の低い若者たちが食い物にされているのだ。そこで筆者は、ボランティア精神や社会貢献意識という言葉を隠れみのにした悪徳NPOの実態に迫る。

  • 2018年09月10日 06時00分

    20代で「脳の病気予備軍」も!医師が語る「脳ドック」の必要性

    将来的に超高齢化社会を迎えることが確実な日本。医療費の増大が危惧される中、注目されているのが病気になる前に予防するという“未病改善”の重要性だ。2018年1月、「IT×予防医学×検診」をコンセプトに掲げ、“脳ドック”に特化したメディカルチェックスタジオ東京銀座クリニックを開院した知久正明院長に、未病改善について詳しい話を聞いた。

  • 2018年09月10日 06時00分

    あなたのマンションは大丈夫?構造スリットに隠れた重大欠陥

    構造計算書偽造問題(姉歯事件)や杭打ちデータ偽造事件の二の舞いになってしまうのか──。

  • 2018年09月10日 06時00分

    目先の売上や利益を最重視してしまう「PL脳」がヤバい!

    あなたの職場にもいないだろうか。「安売りしてでも売り上げを増やせ! でも利益は減らすな!」と言う上司。あるいは、ひたすら「トイレの電気は消せ!」と言って、固定費削減に血眼になり、前年と同じ利益だけは死守しようとする経営者。

  • 2018年09月10日 06時00分

    商談上手になれる「たった2つ」の工夫とは

    デキるビジネスマンは、人とのコミュニケーションもスマート。相手とすぐに打ち解け、スムーズに本題に入ることができる。しかし、それはコミュニケーション能力の高さだけが関係しているのではない。ごく普通の人であっても、地道な努力と意識の持ち方でできることだという。大手メーカーでサラリーマンとして働く傍ら多数のビジネス書を出版する、金田博之氏が実践しているコミュニケーション術を聞いた。

  • 2018年09月06日 06時00分

    ゴレンジャーが元祖!スーパー戦隊が世界で長年愛される理由

    1975年に「秘密戦隊ゴレンジャー」が放送されてから実に43年もの間、日本で愛され続けている東映の特撮ドラマ「スーパー戦隊」シリーズ。その人気は海外にも及び、各国でローカライズ作品も数多く生まれ、世界の人々がこれまで持っていたヒーロー像を根底から覆してきた。何故、スーパー戦隊はロングセラーとして世界に愛されるのか、特撮研究家の氷川竜介氏に聞いた。

  • 2018年09月06日 06時00分

    「18歳成人」で詐欺被害増加!?若者への経済リテラシー教育が急務だ

    成人年齢が20歳から18歳に引き下げることが閣議決定された。これに対して若者の責任感の欠如などデメリットばかりが取り沙汰されている。そんな中、「今こそ若者の金融リテラシーを育むチャンス」と語るのは、高校生の“金融知力”を競う「エコノミクス甲子園」を主催するNPO法人金融知力普及協会事務局長の鈴木達郎氏だ。

  • 2018年09月06日 06時00分

    写真をアルバムにすると、家族関係に好影響を与える!?

    写真アルバムを親子で一緒に、あるいは夫婦で眺める時間がなくなったと思う人は多いのではないだろうか。そのように生活スタイルが変化することで、失われてしまうこともあるのかもしれない。

  • 2018年09月06日 06時00分

    中国の配車サービスDiDiがソフトバンクと合弁、日本での勝算は

    中国の大手配車サービス「滴滴出行(DiDi Chuxing)」がソフトバンクと合弁会社を設立、日本市場に参入する。日本は世界の3大タクシー市場の1つと言われながら、配車サービスで成功した企業はない。DiDiはどういうサービスを展開するのか。東方新報が取材した。

  • 2018年09月05日 06時00分

    あなたがちっとも幸せになれないのは「正解」ばかり探しているから

    一生懸命働いて、たくさんお金を稼ぎ、欲しいものを買い揃える…。そうした価値観は誰かに刷り込まれたものではないか。その先に幸福感や満足感はあるのか。本当に満たされた人生を送るためのヒントを本田直之氏の『何を捨て何を残すかで人生は決まる』(青春出版社)から抜粋して紹介する。

  • 2018年09月05日 06時00分

    米中貿易戦争、全面対決なら中国が圧倒的に不利な理由

    米中貿易戦争はチキンゲームの様相だが、全面対決になれば中国の受けるマイナスの影響が米国の3~4倍になる。超大国の覇権争いとはいえ、中国が米製品の輸入拡大など現実的な歩み寄りを図るかが収束のカギになる。

  • 2018年09月05日 06時00分

    損保ジャパンが今さら時間単位の自動車保険に参入する2つの理由

    損害保険業界で今、もっぱらそうささやかれている話題の商品がある。損保ジャパン日本興亜が2019年1月から提供を始める、12時間単位の自動車保険「乗るピタ!」だ。

  • 2018年09月05日 06時00分

    中電が画策した日立・東芝・東電との原発連合は再編の序章にすぎない

    東京電力ホールディングス(HD)、中部電力の電力会社2社と日立製作所、東芝の原子力発電所のプラントメーカー2社が、原発事業で提携することが明らかになった。

  • 2018年09月05日 06時00分

    ANA・JRの制服納入で百貨店と商社が談合、背景に新旧の既得権争い

    制服をめぐる不正行為がここ1年で続々と明らかになっている。公正取引委員会は独占禁止法違反の疑いで今年1月、JR東日本とJR西日本への制服納入をめぐり受注調整をしたとして、三越伊勢丹や大丸松坂屋百貨店など9社に対して計約4500万円の課徴金の納付を命じた。6月にはANAの客室乗務員らの制服納入で高島屋、そごう・西武、名鉄百貨店に計約3200万円、8月にはドコモショップ店員の制服納入で伊藤忠商事、高島屋、ツカモトユーエスに計約1000万円の課徴金の納付を命じている。一体何が起きているのか。

  • 2018年09月04日 06時00分

    帝人、欧州で試される自動車メーカー1次サプライヤーとしての力量

    近年の帝人グループが展開する企業広告シリーズになぞらえれば、「米国での買収だけじゃない」となる。

  • 2018年09月04日 06時00分

    ポーラ美術館で報復人事?不正告発に理解示す評議員3人を不再任

    ポーラ美術館(神奈川・箱根)を運営する公益財団法人ポーラ美術振興財団で6月、一見不可解な人事があったことが本誌編集部の取材で分かった。旧文部省(現文部科学省)の元幹部など複数の評議員が再任されなかったのだ。

  • 2018年09月04日 06時00分

    菅長官の「料金4割下げ余地」発言で携帯3社に圧力強める総務省

    菅義偉官房長官が8月21日の札幌市内の講演会で、携帯電話料金について「4割程度下げる余地がある」と発言したのは総務省にとっても突然だったが、携帯料金の高止まりがクローズアップされたことが、同省への追い風になったのは間違いない。

  • 2018年09月04日 06時00分

    百貨店、今夏は6月・7月の2回セール開催も不発の裏事情

    「1回目のセールは豪雨、2回目は台風で効果が吹き飛んでしまった」──。ある百貨店業界関係者はこう振り返る。今夏はアパレル業界からの要請で、百貨店のクリアランスセールはスタート時期を6月と7月の各下旬に分散し、2回に分けて開催された。2回目の期間は、第4金曜日の「プレミアムフライデー」にかこつけたものだ。

  • 2018年09月03日 06時00分

    「いきなり!ステーキ」の米国進出、快進撃の裏に透ける悪戦苦闘

    米国でも手軽にステーキが食べられる文化をつくりたいと豪語し、ニューヨークで急速に出店を進めるステーキ専門チェーン「いきなり!ステーキ」。日本に続き米国でも「快進撃」と評されるが、実際は「悪戦苦闘」のさなかにある。

  • 2018年09月03日 06時00分

    自転車ながらスマホ、人命奪い自身も破滅する重大さを肝に銘じよ

    街中を歩いていると、毎日のようにスマートフォンを操作しながら運転する自転車とすれ違う。しかし、これがいろいろな意味でいかに危険な行為かご存じだろうか。自転車の「スマホ運転」を巡っては8月、2件の死亡事故が大きなニュースになっている。

  • 2018年09月03日 06時00分

    鉄道輸送が2020年五輪でパンク!?64年は外国人対応で苦労した

    2020年に開催される東京オリンピックを巡って、ピーク時に鉄道の輸送力が不足するのではないかと懸念されている。1964年の前回大会を振り返ると、輸送力不足は何とかクリア。代わりに当時、鉄道事業者が四苦八苦したのは「外国人」であった。

  • 2018年09月03日 06時00分

    スルガ銀・かぼちゃの馬車で露呈、不動産投資は罠だらけ

    スルガ銀行の不正融資は1兆円規模になるのか――。今年2月、スマートデイズ(旧スマートライフ、以下SD)が運営する、投資用シェアハウス「かぼちゃの馬車」への融資をめぐり問題が発覚した。

  • 2018年08月30日 06時00分

    景色も美味しい食堂車で!九州・四国「観光列車」の旅

    最近は以前に比べ日本各地で観光列車が多く走っている。その背景にはいったい何があるのかを踏まえたうえで、著者の渡部史絵さんがオススメする観光列車の鉄道旅をいくつか紹介しよう。

  • 2018年08月30日 06時00分

    東芝が火力発電事業に大ナタ、再建で兄貴分GEの領域侵す覚悟はあるか

    東芝が、タービンなどを製造する火力発電機器事業に大ナタを振るうことになりそうだ。人員削減は必至で、低収益から脱することができなければ存続も危ぶまれる状況だ。東芝の火力発電機器事業は火の車だ。2018年3月期は117億円の営業赤字を計上。今期第1四半期も34億円の赤字で、止血のめどは立っていない。

  • 2018年08月30日 06時00分

    Jリーグ「外国人枠撤廃」で日本人選手が育たなくなる、は本当か

    Jリーグの歴史で初めての光景が生まれた。8月26日の横浜F・マリノス対ヴィッセル神戸戦で、ヴィッセルが6人の外国籍選手を同時に起用したのだ。ベンチ入りできる外国籍選手の上限が3人の中、前例のないケースはなぜ生まれたのか。

  • 2018年08月30日 06時00分

    手触りが紙そっくりの電子漫画本、ハンパない画質へのこだわり

    紙の本ソックリの手触りだけど、電子書籍――。そんな画期的な商品が人気を呼んでいる。電子書籍にありがちな線のにじみをなくすなど、徹底的に画質にもこだわっている。

  • 2018年08月29日 06時00分

    脳科学者・茂木健一郎氏「ビジネスマンはアウェーに飛び込め」

    一般的に「アウェー」というのは自分にとって不利な環境のことで、決して望ましいものではない。しかし、これからの時代は自ら「アウェー」に飛び込んでいくことが成長の鍵になるという。「アウェー体験」の重要性を、脳科学者の茂木健一郎氏に聞いた。

  • 2018年08月29日 06時00分

    金持ちよりも普通の家がハマる相続の泥沼、絶対にNGな行動とは?

    親が亡くなって直面する「相続」は、お金持ちだけの問題ではない。むしろごく普通の家庭のほうが、相続でモメて関係が悪くなってしまうのだとか。どうしてこじれてしまうのか?円満解決するコツとは? 日本一相続を見てきた税理士が『やってはいけない「実家」の相続』を解説する。

  • 2018年08月29日 06時00分

    日銀政策修正は政権と命運をともにする「終わりなき緩和」宣言だ

    日銀の政策修正は国債市場などの機能低下に対応したものとされるが、むしろ「2%物価目標」達成が見通せなくても、安倍政権のもとでは異次元緩和を続けることを「宣言」したものと見たほうがいい。

  • 2018年08月29日 06時00分

    富田林「逃亡」事件から半月、警察のお粗末ぶりに市民あきれ顔

    大阪府警富田林署から勾留中の男が逃走した事件は、発生から半月が経過した。依然として行方は分かっていない。この間、管理態勢の不備のほか、初動捜査や近隣住民への周知の遅れなど、あまりの失態続きに、市民はあきれ果てている。

  • 2018年08月29日 06時00分

    「仮面浪人生」激増中!私大が入学定員数を厳格化した余波で

    「卒業生からの再受験の相談が後を絶たない。仮面浪人が急増している」(東京都内の高校関係者)今、多くの大学、高校関係者が頭を抱えている。私立大学の入試難化に伴って人気のある有名大学の合格実績が低迷し、本命の大学に合格できなかった学生が急増しているためだ。

  • 2018年08月29日 06時00分

    飲料業界を襲う不安、ペットボトルごみ問題がにわかに浮上

    この需要期を無事に越せるか──。今、飲料業界は不安に襲われている。というのも、飲料の容器としてもはや欠かすことのできないペットボトルのごみ問題がにわかに浮上しているからだ。発端は、中国が昨年末に行った廃プラスチックの輸入禁止にある。

  • 2018年08月29日 06時00分

    リアップ後発品ようやく発売、大正製薬独占20年の牙城崩れる

    製薬中堅である大正製薬の発毛剤「リアップ」(第1類医薬品)の後発品(ジェネリック医薬品)がついに登場した。発売延期の苦節を乗り越え、男性用シャンプー大手アンファーが8月8日、初の後発品「スカルプD メディカルミノキ5」(同)を発売したのである。

  • 2018年08月28日 06時00分

    金足農の侍ポーズも「刀狩り」、甲子園に厳しい規制は必要か

    夏の甲子園大会は、大阪桐蔭の春夏連覇や金足農の躍進をはじめ、さまざまな話題で盛り上がった。一方で、大会本部が選手らのパフォーマンスなどに横やりを入れ、ネットで炎上する騒動も。なぜ大会本部はこうも「規制」したがるのか。

  • 2018年08月28日 06時00分

    日本型「司法取引」は企業犯罪摘発にメリットも冤罪増加の可能性

    6月1日に導入された「日本型司法取引制度」。海外ドラマなどで聞いたことがあっても、具体的にどういうものなのか、説明できる日本人は少ないだろう。日本型司法取引とは、そもそもどのような制度なのか、その運用目的やメリット、デメリットなどを青山学院大学大学院法務研究科の後藤昭教授に聞いた。

  • 2018年08月28日 06時00分

    メルカリ、赤字拡大で株価急落でも「元凶」の事業に投資を続ける理由

    メガベンチャーの赤字を、投資家はどこまで我慢できるのか──。フリマアプリ大手メルカリの株価がさえない。8月9日に上場後初となる決算で赤字拡大を発表して以降、大きく値を下げている。

  • 2018年08月28日 06時00分

    証券会社から運用会社へアナリストが続々転職、欧州新規制が直撃

    今年から欧州で施行された新たな金融規制の「MiFID2(第2次金融商品市場指令)」。このあおりで、キャリアに不安を抱いた証券会社の株式アナリストなどリサーチ(調査)業務の担当者が、運用会社側へ移ろうとする流れが強まっている。そんな業界内の人材流動をめぐる水面下の動きを探った。

  • 2018年08月27日 06時00分

    年収100万円減も!江崎グリコに異変、減給・退職相次ぐ

    大手菓子メーカーである江崎グリコの経営陣が急進的な社内改革を行っている。その一環で4月に幹部向けの新人事制度を導入した。これによって給与が下がった幹部が続出し、社内に波紋が広がっている。

  • 2018年08月27日 06時00分

    トヨタとVW、中国市場での明暗を分けた30年前の出来事

    トヨタ自動車が中国との歴史的な“和解”に向けて動き始めている。振り返れば、トヨタと中国との関係は、肝心なところでいつもギクシャクしたが、その最大の原因を進出時のエピソードに求める中国関係者は多い。「トヨタは井戸を掘れなかったからだ──」。

  • 2018年08月27日 06時00分

    コンビニ加盟店の苦境、人件費高騰のうえ外国人店員確保も不透明化

    人手不足を受け、最低賃金が800円を超える都道府県が10月から全国で28となる。中小企業でも、とりわけ人件費の高騰と社会保険料の負担に悩むコンビニエンスストア加盟店にとっては大きな痛手となり、解決策は見出せないままだ。

  • 2018年08月26日 06時00分

    久保建英があえて横浜FM移籍の「茨の道」を選んだ理由

    21世紀生まれ唯一のJリーガー久保建英が、FC東京から横浜F・マリノスへ期限付きで移籍した。14歳から所属し、16歳でプロ契約を結んだFC東京をあえて飛び出したのはなぜなのか。2年後の東京五輪出場も期待されるホープの決断を追った。

  • 2018年08月24日 06時00分

    日テレの視聴率トップ独走を支える「えげつない」番組づくり

    2014年から2017年まで、4年連続「視聴率3冠」に輝き、絶好調の日本テレビ。特にバラエティー番組は軒並み高視聴率だが、日本テレビはなぜ、それまで頂点にいたフジテレビを追い抜くことができたのか。

  • 2018年08月24日 06時00分

    金足農業、日本国民の心をこんなにガッチリ掴んだ足跡

    第100回夏の甲子園大会は、史上初となる2度目の春夏制覇を果たした大阪桐蔭の優勝で幕を閉じた。しかし、今大会の主役は決勝で敗れたものの、数々の強豪に僅差で勝ち進んだ金足農業高校だったのは間違いない。

  • 2018年08月23日 06時00分

    グーグル、テンセント、フェイスブックが激突する「囲碁AI三国志」

    囲碁AIの世界は新たなフェーズに突入。「人間対AI」という構図は終わりを告げ、グーグル、フェイスブック、テンセントといったIT大手が激突、激動の「囲碁AI三国志」時代に突入した。最新動向を、大橋拓文六段が描く。

  • 2018年08月23日 06時00分

    1ヵ月の休暇も子連れ勤務もOK!「自由すぎる会社」が成長する理由

    1ヵ月の長期休暇を取れたり、子連れ勤務歓迎など、今の日本にあっては驚くほど自由な働き方を実践し、なおかつ急成長を遂げている企業がある。ひたすら汗水たらして働いて、ようやく業績を上げる、という古い日本企業の慣習とは真逆の企業に話を聞いた。

  • 2018年08月23日 06時00分

    社員がインスタ1万フォロワー達成で給料UP!アパレル・パルHDの狙い

    個人のインスタグラムアカウントで1万フォロワーを超えると、会社から手当がもらえる――。こんな取り組みを始めたのは、若者向けアパレルのパルグループホールディングス(HD)だ。

  • 2018年08月22日 06時00分

    日銀の政策修正で強まる「正常化論」の落とし穴

    日銀の政策修正は異次元緩和からの「正常化の第一歩」との見方が出ている。だが日銀の次の一手は「2%物価目標」を実現しないままでの撤退ではなく、物価目標を修正しつつ金融緩和を継続することが考えられる。

  • 2018年08月22日 06時00分

    実家が資産を食いつぶす!うっかり「相続貧乏」にならない心得

    いまや相続は押し付け合う時代に!? 親の遺した財産であるはずの「実家」。不用意に受け継いでしまうと、「税金」や「維持費」などで、あなたの資産を食いつぶすかもしれない! 日本一相続を見てきた税理士が、「やってはいけない実家の相続」を解説する。

  • 2018年08月21日 06時00分

    ソニーとパナの有機EL事業統合、出資元候補に中韓大手も急浮上

    ソニーとパナソニックの有機EL事業を統合したJOLED(ジェイオーレッド)の増資交渉が難航している。世界初となる「印刷方式」の有機ELの量産投資に1000億円を調達する計画だが、確保できたのは半分にも満たない額だ。その不足分の手当てが最大の課題だが、交渉の水面下の動きは混迷している。

  • 2018年08月21日 06時00分

    長崎県の地銀統合大詰めも、寡占の弊害解消策に疑問符

    長崎県の地方銀行、十八銀行と親和銀行の統合計画で、独占禁止法上の審査を担う公正取引委員会との協議が、大詰めを迎えている。最大の焦点は、親和銀を傘下に収めるふくおかフィナンシャルグループ(FG)と十八銀が、債権譲渡をどこまで実効的に進められるかだ。

  • 2018年08月21日 06時00分

    コメ輸出10万トン政府目標の無謀、達成度は4割未満か

    齋藤健農相が看板政策としてぶち上げたコメ輸出目標が掛け声倒れに終わる可能性が極めて高くなっている。齋藤農相は就任直後の2017年9月、コメ輸出を19年に4倍の10万トンにすると宣言。企業に輸出目標を示させ、60社合計13万トン超の輸出拡大計画を作った。

  • 2018年08月20日 06時00分

    トルコリラ「底なし」下落の恐怖、大統領が通貨防衛全否定

    トルコリラ下落に歯止めがかかりそうにない。それは通貨防衛策が講じられる可能性が極めて低いからだ。トランプ米大統領が、トルコに対してアルミニウムと鉄鋼の関税率を2倍に引き上げると発表した10日、トルコリラは一時、前日比で3割弱値を下げ、1ドル=7リラを割り込んだ。

  • 2018年08月20日 06時00分

    一緒にいると不幸になる「残念な男」5つのタイプとは

    世の中には「運が良い」と自他ともに認めている人がいる一方で「自分は不幸だ」と常に嘆き悲しんでいる「不幸体質」の人もいる。前回は不幸の女を取り上げたが、今回は逆の『残念な男』5つのタイプに分けて紹介しよう。

  • 2018年08月20日 06時00分

    昭和という「レガシー」を引きずった平成30年間の経済停滞を振り返る

    30年にわたった平成年間。後にバブルと呼ばれた好景気の中で迎えたこの時代は、その崩壊後は約20年という長い経済停滞を経験。おかげで世界を覆うデジタル革命という新しいステージで、先頭を走るチャンスを逸した。平成最後の夏、30年にわたる日本経済の動きを振り返る。

  • 2018年08月17日 06時00分

    汗のニオイを防ぐ「身近な食べ物」とは?3つのステップで撃退

    連日のように猛暑が続き、外出した途端に滝のように流れる汗……。得もいわれぬ悪臭を放つのは、ビジネスパーソンの身だしなみとして大問題!そんな汗臭に悩んでいる方におすすめしたいのが、「薬膳デオドランド」です。

  • 2018年08月17日 06時00分

    世界に誇る日本のトイレ技術、インドにはLIXIL製品を讃える歌も!

    ウォシュレットをはじめとした日本の「トイレ」技術は、世界に誇れる“ジャパンブランド”の一つだ。日本にはTOTOとLIXILという二大衛生陶器メーカーがあり、ともに世界市場で一定の地位を確立している。だが、両社の海外展開の仕方には違いがあるようだ。トイレ専門企画会社・アントイレプランナーの白倉正子氏に話を聞いた。

  • 2018年08月16日 06時00分

    中国で日本の絵本が爆発的に売れている理由、1000万部超も

    子どもに生活習慣や情操面での教育を施す上で欠かすことができない「絵本」。そして今、日本の絵本が中国で爆発的に売れているという。その理由について、ポプラ社の中国法人「北京蒲蒲蘭文化発展有限公司」で董事長を務める永盛史雄氏に聞いた。

  • 2018年08月16日 06時00分

    薄毛治療薬でEDになる!?AGA薬にまつわるウソ・ホント

    多くの男性の悩みの種である、男性型脱毛症(AGA)。治療薬を飲むことで症状が改善される一方、性欲減退やEDのリスクがあるという話もよく聞く。そこで、選ぶべきAGA治療薬やその副作用、新薬が出てくる可能性などについて、東京メモリアルクリニックの佐藤明男院長に聞いた。

  • 2018年08月16日 06時00分

    ヤマト「社外秘資料」入手!代金着服、事故隠蔽…不正・懲戒の実態

    ヤマト運輸で起きた不正行為や犯罪、事件・事故に対する懲戒事案をまとめた「懲戒委員会審査決定事項について」という社外秘資料を、本誌は独自入手した。ヤマトは昨年の大規模な違法労働問題に続き、7月には法人向け引っ越し事業の全国的な過大請求が判明したが、本丸の宅急便事業ではどのようなコンプライアンス体制を敷いているのか。

  • 2018年08月16日 06時00分

    日本企業がアップル・MSに追随して再エネ100%経営に注力する理由

    事業で使う電気をリニューアブル(再生可能)エネルギーで100%まかなう――ひと昔前は夢物語だった目標を達成しようという取り組みが、「RE100」だ。

  • 2018年08月16日 06時00分

    蘇る「団地」、タワマンにはないコミュニティー感が心地よくオシャレ化も

    ネガティブなイメージで語られがちな「団地」という住まい。しかし近年はイケアや無印良品とコラボしたオシャレな物件を提案し、新たな魅力を生み出しているようだ。変貌しつつある団地の最新事情に迫った。

  • 2018年08月15日 06時00分

    海外投資で稼ぐようになった日本企業の「日本離れ」を防ぐ方法

    海外投資による収益で稼ぐ経済に変わってきた日本だが、一方で企業の日本離れも加速している。国内の雇用増や新産業育成につなげるには資金の国内への還流を促す税制などの拡充が必要だ。

  • 2018年08月15日 06時00分

    発達障害を隠して入社し「本人も周囲も煩悶」の悲劇

    職場の上司や部下がもし発達障害だったら、どのように対応すればいいのか。前回はエンターテイメント業界を取り上げたが、今回は一番難しいと思われるサービス業のマネジメント側から見た現状を聞いてみた。

  • 2018年08月15日 06時00分

    親が死んだら絶対モメる!「不動産の共有」に隠された罠

    きょうだいが多ければ多いほどモメやすい相続問題。一見バランスがよく思える相続方法「不動産の共有」に隠された落とし穴とは? 累計相続案件数1万2000件の実績を誇る“日本一相続を見てきた税理士法人”が『やってはいけない「長男」の相続』について解説する。

  • 2018年08月14日 06時00分

    中国最強囲碁棋士に勝った18歳の「怪物」芝野虎丸七段に聞く

    将棋界では藤井聡太七段が世間をにぎわせているが、囲碁界にもとんでもない「怪物」がいる。それが18歳の新鋭、芝野虎丸七段だ。4月29日に行われた日中竜星戦では中国ナンバーワン棋士の柯潔(かけつ) 九段を破って優勝するという偉業を達成した。そんな彼の素顔や、日本人棋士が世界戦で勝てない理由、打倒・井山裕太七冠への意気込みなどを語ってもらった。

  • 2018年08月14日 06時00分

    高校野球の醍醐味「ジャイアントキリング」、どんな試合があったか

    「ジャイアントキリング」は元々サッカー界で使われる言葉。そもそも、サッカーでは番狂わせは少なく、むしろ野球のほうが比較的番狂わせの多いスポーツである。今回は、甲子園、地方大会で印象に残ったジャイアントキリングの試合をいくつか紹介しよう。

  • 2018年08月13日 06時00分

    熱中症対策、水の飲み過ぎは命の危険も…「低ナトリウム血症」の恐怖

    歴史的酷暑を記録した今年の夏、多くの人が熱中症を発症し、さまざまな注意喚起がなされている。熱中症の予防として水分補給が重視されているが、実はこの水分補給の方法を一歩間違えると、まったく別の疾患を患うおそれがあるという。

  • 2018年08月13日 06時00分

    「プラ製ストロー廃止」機運で日本製紙はスタバやマックに食い込めるか

    低迷が続く洋紙事業の立て直しにもがく日本製紙で、8月1日より変わった名称の組織が発足した。その名も「紙化ソリューション推進室」。

最新記事
最新記事

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

QDレーザー販促企画バナー

ピックアップ