ASCIIjp - ダイヤモンド・オンライン配信記事一覧

このページの本文へ

ダイヤモンド社の注目記事がアスキーに!

ダイヤモンド・オンライン配信記事

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 2018年01月16日 06時00分

    十人十色のトップ営業マンに唯一見られる「共通点」

    「トップ営業マン」と呼ばれる人々の営業手法は十人十色であり、人によってまったく異なるものだ。しかし、トップ営業マンには、1点だけ共通して見られることがある。

  • 2018年01月16日 06時00分

    三菱マテリアル、社長の現場糾弾発言が示す「統治機能不全」

    「三菱マテリアルグループを率いる能力は、当然ながら持っていると考えている。持っていないと考えるならこの席にいるべきではない」仕事納めだった人も多かったであろう、2017年12月28日。検査データ改ざん問題に対する特別調査委員会の中間報告会見の場で、竹内章・三菱マテリアル社長は、自身らについて大胆にもこう言ってのけた。だが、特別調査委によって明らかにされた不正の実態は深刻だった。

  • 2018年01月16日 06時00分

    苦境の毎月分配型投信、「意味深」な広告は終わりの始まりか

    「選ぼう。あなたに合った投資信託がある」──。昨年12月下旬、フィデリティ投信が日本経済新聞の朝刊で、そううたった全面広告を展開した。興味深いのは、続く広告下段に示された「(分配せずに再投資する)『資産成長型』か(頻繁に分配金を出す)『分配型』か」という消費者への問い掛けだ。

  • 2018年01月16日 06時00分

    トヨタ・日産・ホンダ、次世代覇権へ三者三様のアプローチ

    米ラスベガスで世界最大の家電見本市「CES」が開催された。ITや自動車の垣根を越えた融合が進む中、日本の自動車メーカー“ビッグ3”も三者三様の戦略で新覇権時代の競争に打って出た。

  • 2018年01月15日 06時00分

    東京海上の自動車保険で現金還元、保険業法違反の疑い濃厚

    東京海上日動火災保険とパイオニアが共同開発した「ドライブレコーダー」の貸与サービスをめぐって、一部契約者に現金還元をしていることが判明し、業界に波紋が広がっている。

  • 2018年01月15日 06時00分

    iPhoneX失速、液晶大手JDIに生き残りの道が見えた理由

    米アップルが初めて有機ELパネルを採用した「iPhoneX(テン)」が失速の兆しを見せている。一方で、液晶パネルの「iPhone8」の販売がじりじりと盛り返しており、初の有機ELモデルは曲がり角を迎えつつある。

  • 2018年01月15日 06時00分

    仕事が速い人は「メールのスキル」に秘訣があった!

    メールのスキルが仕事効率化の鍵を握っている──。そう言われても、「たかがメールで仕事の効率が変わるものか」と思う人も多いだろう。はっきり言おう。その考えは間違っている。

  • 2018年01月12日 06時00分

    飲み会で若手にウザがられない「上司の心得」

    年が明け、新年会シーズンがやってきた。仕事がらみの酒席は何かと気を使わなければならない昨今だが、知らないうちに部下に煙たがられてしまっていることに気付かない上司も多い。会社の飲み会事情に詳しい、株式会社酒文化研究所の山田聡昭さんに話を聞いた。

  • 2018年01月11日 06時00分

    スマホが「本人そっくりの声」で喋るサービスの意外なニーズ

    スマートフォンのSiriやOK Googleなどでも使われている「音声認識・合成技術」。昨年7月には、東芝デジタルソリューションズも、この技術を利用した新たなサービス「コエステーション」を発表した。“コエ”のマーケットが急速に拡大している今、国立情報学研究所の准教授・山岸順一氏にその技術の最前線を聞いた。

  • 2018年01月11日 06時00分

    ハゲだって堂々歩きたい!絶望から立ち上がった女性漫画家の軌跡

    頭髪がなくなれば、男性はもちろん、女性ともなれば、その絶望たるや察して余りあるものがある。帽子やカツラを被っても、「バレるのでは?」と恐れる日々。今回、そんな日々を経てハゲをカミングアウト、さらにハゲた仲間たちと「ハゲが大手を振って歩けるように」、と活動をしている女性漫画家・小豆だるまさんに取材をした。

  • 2018年01月11日 06時00分

    スバルが冬季限定イベント「ゲレンデタクシー」を続ける理由

    スバルが2014年から冬季限定で実施しているイベントがある。「スバルゲレンデタクシー」がそれだ。リフトの代わりにゲレンデ上部までスキーヤーやスノーボーダーを送り届けるものだが、スバルの狙いとは何か。

  • 2018年01月10日 06時00分

    朝鮮半島有事や高齢化で米国の「双子の赤字」は蘇るか

    2年目を迎えたトランプ政権の経済政策は財政赤字の動向が焦点になる。80年代の「双子の赤字」の再来となる可能性は少ないにしても、朝鮮半島有事や移民規制、保護主義政策など、トランプ大統領が打つ手次第で財政や貿易収支の振れ幅が大きくなり世界経済が不安定化するリスクはある。

  • 2018年01月10日 06時00分

    シャープ、後継社長選びで鮮明化した「鴻海依存体質」

    「今までは私一人が何でも決めてきたが、これからは共同CEO(最高経営責任者)でやっていきたい」。台湾の鴻海精密工業傘下のシャープが1月1日付で、戴正呉社長(66)の後継選びの体制を始動させた。

  • 2018年01月10日 06時00分

    MRJ、競合がボーイングと提携交渉の大ピンチに逆転はあるか

    三菱重工業の傘下で国産初のジェット旅客機「三菱リージョナルジェット(MRJ)」の開発を行う三菱航空機の関係者が恐れていた事態が、現実のものとなりつつある。2017年12月21日、米ボーイングと、MRJのライバルであるリージョナル機大手のブラジル・エンブラエルとの提携交渉が明らかになった。

  • 2018年01月09日 06時00分

    医師が支持する糖質制限に学会がお墨付きを与えない不思議

    糖尿病医療の権威である日本糖尿病学会が作成した『糖尿病診療ガイドライン2016』に、北里大学北里研究所病院糖尿病センター長の山田悟医師は失望した。診療ガイドラインは、研究によって導かれたエビデンス(科学的根拠)に基づき作成するものだ。最新の研究結果を反映して更新されるにもかかわらず、2012年に山田医師が「糖質制限」の有効性を確認した試験の論文が盛り込まれなかったのである。

  • 2018年01月09日 06時00分

    出国税で財源400億円も観光業界に「期待外れ」の懸念

    2019年1月7日以降、日本から出国の際に1人1000円の出国税がかかる見通しだ。これは、18年度税制改正大綱で決まった「国際観光旅客税(仮称)」(以下出国税)のことで、20年に訪日外国人数の年間4000万人達成を目標とする菅義偉官房長官の肝いりといわれる。

  • 2018年01月05日 06時00分

    奥田民生やリリー・フランキーのようなオジサンが現実にはいない理由

    映画「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」は、文字通り奥田民生に憧れ、彼のような生き方をしたいと思っている主人公の物語だった。飄々と自分の好きなことをやり、自由に生きているように見える“かっこいいおじさん”の代表格、奥田民生。しかし、実際、奥田民生のような生き方ができる人は存在するのだろうか?

  • 2018年01月04日 06時00分

    VRゲームはデートに最高!「VR ZONE SHINJUKU」に行ってみた

    イマドキの女子に大人気のデートスポット、屋内型アミューズメントパーク「VR ZONE SHINJUKU」。筆者(女・27歳)と男性カメラマン(28歳)が、恋愛感情ゼロからどこまで盛り上がるデートになるか、試してみた。

  • 2018年01月04日 06時00分

    使ってないサービスが請求書に!携帯利用明細に気をつけろ

    契約した覚えもないサービスの料金がいつの間にか明細に載っている…。「その他回線料金など」という、ナゾな項目を巡る筆者の悪戦苦闘をご紹介する。

  • 2017年12月29日 06時00分

    三菱UFJが巨額買収でインドネシア進出、3メガ銀の競争はアジアへ

    総額7000億円——。12月26日、3メガバンクの一角である三菱東京UFJ銀行が、邦銀最大規模となる海外銀行の買収計画を打ち出した。買収先はインドネシアのダナモン銀行。銀行業界において時価総額で同国第5位を誇る商業銀行で、大企業や中小企業の融資に加え、自動車ローンも得意とする。

  • 2017年12月29日 06時00分

    ビットコイン投資に記者が挑戦!「8日間で24%儲かっちゃった」

    連日、価格が上昇し、一時はついに200万円台も突破した仮想通貨の「ビットコイン」。米国では、デリバティブ(金融派生商品)の市場として知られるシカゴ・オプション取引所が12月11日8時(日本時間)にビットコイン先物取引を開始し、来年前期中にはナスダック証券取引所でも取引が開始される予定だ。“沸騰”するビットコイン投資にダイヤモンド・オンラインの記者も挑戦してみた。

  • 2017年12月28日 06時00分

    ROE経営の先導役「伊藤レポート」の続編がまるで注目されない理由

    2014年に公表された「伊藤レポート」では、上場企業が資本効率を重視する「ROE経営」への機運の高まりに大きな役割を果たした。ところが、ESG(環境・社会・ガバナンス)をはじめとする長期投資の観点から論考をまとめた報告書「伊藤レポート2.0」が今年10月終盤に新たに発表されたが、ほとんど注目されていない。その理由を探った。

  • 2017年12月28日 06時00分

    「お騒がせ企業」レンタルのゲオで労働組合が結成されていた

    レンタルビデオショップなどを運営するゲオホールディングスで、新たに労働組合が結成されていたことが分かった。労働組合は今後、団体交渉を行い、現場に疲弊をきたす施策や人事評価制度などの改善を要求していくという。

  • 2017年12月28日 06時00分

    中国でスマホを紛失したら、どれだけ恐ろしい事態になるか

    現在の中国は、タクシーや小さな屋台まで、あらゆる支払いがスマホ決済でき、キャッシュレス化が進んでいる。その半面、スマホを紛失したり、壊したりすると、とんでもなく不便で恐ろしい事態となる。

  • 2017年12月27日 06時00分

    2%物価目標実現には「数量調整型」の経済にする覚悟がいる

    異例の異次元緩和にもかかわらず「デフレ脱却」が遠い中で、欧米と同じ「2%物価目標」の意味合いが改めて問われている。日本は欧米と違って経済が「価格」で調整されやすい。経済の構造が違う中で政策効果も違うはずだ。

  • 2017年12月25日 06時00分

    人口減は日本にとってイノベーションを準備するいい機会だ

    人口減少は日本経済にとってマイナス要因となるのか。吉川洋・立正大学教授と楠木建・一橋大学大学院教授が、「人口減だと成長できない」というような悲観論ばかりが広がることに警鐘を鳴らす。

  • 2017年12月21日 06時00分

    家賃ゼロで就職支援付き!高齢化する団地に若者を呼ぶ日本初の試み

    高齢化と空室率上昇が進み、さびれゆく公営団地に、就職を望む若者が入居。家賃ゼロで就職への支援を受ける――そんなユニークなプロジェクトが大阪府四條畷市の府営住宅で運営されている。

  • 2017年12月20日 06時00分

    テレアポ、訪問なしで地道に稼ぐ!営業レターの思わぬ効果

    現在のお客様はテレアポが取りにくい、アポなし訪問営業も嫌われることが多い。そんな時代こそ、非常に地味だが、意外と効果的なのが、お役様に役立つ情報を繰り返し送る営業レターだ。

  • 2017年12月20日 06時00分

    みずほが保有する千葉興業銀行株が金融関係者の注目を集める理由

    リーマンショックに端を発する世界的な金融危機が起きてから10年弱。その反省に基づいた再発防止策である国際的な金融規制の枠組みが、ようやく完成した。12月7日、世界各国の銀行監督当局で構成されるバーゼル銀行監督委員会は、国際金融規制「バーゼル3」の最終合意に至った。

  • 2017年12月19日 06時00分

    小泉進次郎も沈黙、自民農林族が青果・水産卸売市場改革を骨抜きに

    安倍政権が進める農政改革が、初めて自民党農林族の抵抗で骨抜きになった。政府は8日、青果物や水産物の流通を担う中央卸売市場の改革を決めた。中間流通業者の競争を阻害し、市場衰退の元凶になってきた卸売市場法を廃止する方針だったが、抜本的な改革は先送りした。

  • 2017年12月19日 06時00分

    政府が原発推進に方針転換で注目の「次なる焦点」

    ついに、政府が原子力発電所の新増設や建て替え(リプレース)に本腰を入れようとしている。10月の衆議院選挙で、「原発ゼロ」を掲げた野党に大勝し、盤石の政権基盤を築いた安倍政権は、「今しかない」と前向きになっている。見直し議論が進むエネルギー基本計画に、原発の必要性をどこまで盛り込むかが焦点になる。

  • 2017年12月19日 06時00分

    大ヒットのシワ改善化粧品をポーラが発売後1年で値下げする理由

    2017年1月1日の発売以降、売れに売れているポーラ・オルビスホールディングス(HD)の薬用シワ改善化粧品「リンクルショット メディカル セラム」が18年1月から値下げされる。税抜き1万5000円が1万3500円になる。

  • 2017年12月19日 06時00分

    東芝とWD、サムスンに対抗しての和解・提携で残る「溝」

    半導体子会社、東芝メモリの売却をめぐって対立してきた東芝と米ウエスタンデジタル(WD)が和解した。両者は、フラッシュメモリー事業で先行する韓国サムスン電子に対抗するために提携関係を取り戻さなければならないが、対立を通じて提携の弱さがあぶり出された。

  • 2017年12月18日 06時00分

    三菱重工の商船事業、大赤字からのリストラ完了で囁かれる次の再編

    大型客船の工事の混乱で、2719億円にも上る巨額損失を計上した三菱重工業の商船事業。激しい市況の変化と激化する競争環境を乗り切るため、この事業で行っていた構造改革が完了しようとしている。

  • 2017年12月18日 06時00分

    年末年始の海外旅行は過去最高、旅行業界が期待する18年の目玉は

    2017~18年の年末年始の日並びは、旅行業界にとっては恵みとなりそうだ。1月4日と5日を休みにすれば、12月29日から11連休が可能になるためだ。JTBが発表した年末年始(12月23日~18年1月3日)の旅行動向見通しによれば、海外旅行人数は前年比2.8%増の70万4000人と過去最高になるという。

  • 2017年12月18日 06時00分

    キリン買収も!?世界ビール最大手が日本市場攻略に本腰

    「コロナ」「バドワイザー」に「ヒューガルデン」。ビール通でなくとも聞いたことがあるだろう有名な海外ビールの数々。これらのブランドを保有するのが、アンハイザー・ブッシュ・インベブ(ABI)だ。世界シェア3割を誇る巨大企業が今、日本市場で着々と足場を固めつつある。

  • 2017年12月18日 06時00分

    配偶者控除改正で、来年あなたの家は得するか損するか

    年末調整の書類を書きながら、「配偶者控除について長い説明が付いている」と思った方も少なくないだろう。最近、注目されている高額所得者の給与所得控除の縮小よりも一足先に、年収の高いサラリーマンの懐を直撃するのが配偶者控除・配偶者特別控除の改正だ。

  • 2017年12月18日 06時00分

    忘新年会が1人3000円で済む「宴会の穴場」とは

    忘新年会シーズンを迎え、会社・仕事関係、あるいは友人・知人関係と宴会をしていることだろう。でも気になるのが予算。宴会の予算は会社関係が5000円+アルファ、友人・知人が4000円までが多いようだ(リクルートライフスタイルの調査)。では、コスパのいい宴会をどこでやれば満足できるか、1人3000円以下で済む穴場を紹介する。

  • 2017年12月15日 06時00分

    ゴルフで「マウスピース」を使うと飛距離アップは本当か

    以前にゴルフの公式戦にマウスピースを使用して失格になったプロゴルファーがいた。マウスピースを使うとスポーツ競技のパフォーマンスが向上するのか。スポーツ時におけるマウスピースの有用性とは何か。

  • 2017年12月15日 06時00分

    宴会での「食べ残し=食品ロス」を減らす5つの心得

    忘年会・新年会など、12月から1月にかけては宴会・飲み会が多くなる季節だ。宴会で残った食べ物はどこへいくのだろう。食品ロス専門家の筆者が解説し、美味しく楽しく食品ロスのない宴会の方法を伝授する。

  • 2017年12月14日 06時00分

    夕張高校が廃校の危機に一丸となって取り組む「学校再生」の成果

    財政破綻をしてから10年、人口がおよそ3割減少した北海道夕張市。市内に唯一ある高校・夕張高校も生徒数の減少に悩まされていた。そこで夕張高校や夕張市、さらには生徒たちまでが一丸となって取り組んでいる、夕張高校の”再生プロジェクト”が成果を出している。

  • 2017年12月14日 06時00分

    「ブラック部活」は教師も生徒も地獄なのになぜなくならないのか

    長時間の厳しい練習で教師や生徒を追い詰める「ブラック部活」。なぜ、教育現場であるはずの学校で“ブラック”な状況が発生するのか。体育学者で早稲田大学准教授の中澤篤史氏に聞いた。

  • 2017年12月13日 06時00分

    「最高益」でも企業が不況期と同じ経営を続ける理由

    好況の実感が乏しい長い景気拡大と企業の高収益が続くのは、企業が、売り上げ増が期待できない中で、賃金や経費などの固定費を抑えて収益基盤を強くする不況期と変わらぬ経営になっているからだ。

  • 2017年12月13日 06時00分

    川崎重工が外した目算、LNG船特需が一転して赤字の元凶に

    「壮観な風景でしたよ。7~8隻ありましたかね」。10月に香川県に出張したあるビジネスマンが言う。川崎重工業が船を建造している坂出工場の岸壁には、大量のLNG(液化天然ガス)船が並んでいた。

  • 2017年12月13日 06時00分

    立教「新看板学部」を早慶並み・上智超えの難度にした仕掛け

    最難関の大学群「早慶上理」の一角、上智大との難易度の差を縮めつつある──。学習塾・予備校関係者の間で話題となっているのがその下にいる立教大の猛進だ。きっかけは11月に河合塾が発表した「最新入試難易予想ランキング」。立教大経営学部が早慶の看板学部並みの「67.5」(3科目)の偏差値をたたき出し、関係者の間に衝撃が走った。

  • 2017年12月12日 06時00分

    新国立競技場の迷走と秩父宮ラグビー場新構想の大きな差

    「ラグビーの“聖地”である秩父宮ラグビー場をより進化させたい」――。そんな思いから、今年4月に日本ラグビーフットボール協会特任理事に就任した池田純氏は、11月22日に「青山ラグビーパーク」化構想を打ち出した。

  • 2017年12月12日 06時00分

    特許切れ先発薬の薬価引き下げへ、久光・持田・科研製薬に逆風

    「そういう会社には市場から退場していただきましょう、ということですよね」(アナリスト)穏やかならぬ発言が指すのは、特許が切れて後発品(ジェネリック)が出た後の先発医療用医薬品、いわゆる「長期収載品」の売り上げに依存する製薬会社である。

  • 2017年12月12日 06時00分

    銀行の批判を突き放す黒田日銀、相変わらずの「冷戦」いつまで

    11月下旬、日本銀行の職員から自民党の政調幹部らに、ある「資料」が届けられた。A4判5枚つづりの紙に、為替相場の推移や日米欧の株式市場の動向、企業の資金繰りの実態などのグラフが並ぶ中で、ひときわ目を引いたのが、日本国債の利回り曲線(イールドカーブ)について示した図だ。

  • 2017年12月12日 06時00分

    原油高が日本の陸・空運を直撃、ガソリン電気ガスも値上げへ

    11月30日、石油輸出国機構(OPEC)加盟国を中心とした産油国は、2018年末までの減産に合意。中東の盟主であるサウジアラビア国内の内紛もあり、原油価格の上昇圧力が高まっている。原油のほぼ全量を輸入に頼っている日本も、少なからず影響を受けることになりそうだ。

  • 2017年12月12日 06時00分

    神鋼ショックが原発にも、大飯・玄海再稼働延期の裏事情

    ついに、電力業界にも“神鋼ショック”の波が押し寄せた──。関西電力大飯原子力発電所3、4号機(福井県)と九州電力玄海原発3、4号機(佐賀県)の再稼働が、延期されることになった。かねて、10月8日に発覚した神戸製鋼所による検査データの改ざんを受け、原発を保有する電力各社は危機感を募らせていた。

  • 2017年12月11日 06時00分

    ロボットが受付の「変なホテル」絶好調、世界100店構想も

    長崎県佐世保市にあるハウステンボス。2010年4月からエイチ・アイ・エスの創業者で会長兼社長の澤田秀雄氏が再建を進め、いまやエイチ・アイ・エス本体を支える屋台骨にまで成長した。

  • 2017年12月11日 06時00分

    みずほの電子マネー普及を阻む3つの関門と「100万円の壁」

    「中途半端なものになるなら事業化はノーだ」──。すでに経営陣の頭の中に“撤退”の2文字がチラつくほどの正念場を迎えているのが、みずほフィナンシャルグループ(FG)が掲げる「Jコイン構想」だ。

  • 2017年12月11日 06時00分

    渋谷「すっぴん女子カフェバー」に癒されたいオジサン殺到

    なぜ、オジサンたちは女子の“すっぴん”が好きなのか?“すっぴん”に癒やしを求めるオジサンが殺到するという、話題の“すっぴんカフェバー”に取材し、男女双方の意見を聞いてみた。

  • 2017年12月11日 06時00分

    巨大ファンドが「石油投資引き揚げ」でも危機感薄い国内元売り

    世界的な“脱石油”の予兆だろう。世界最大の政府系ファンド(SWF)のノルウェー政府年金基金が、石油メジャーのエクソン・モービル、ロイヤル・ダッチ・シェル、シェブロン、BPへの投資を引き揚げる方針を、英国の経済紙・フィナンシャルタイムズが伝えた。

  • 2017年12月11日 06時00分

    「不正が起きにくい社風」を反映した初の割安株ランキング

    口コミサイト運営会社が口コミデータを統計解析し、企業の組織風土をスコア化。金融関係者の注目を集めている。本誌はそれを使い、最先端の優良株ランキングを作成した。

  • 2017年12月08日 06時00分

    「ご当地婚姻届」に若者注目、人気は出雲市で意外な効用も

    所定の用紙に記入し、市区町村の役所や戸籍課に提出するだけという地味なイメージがあった婚姻届だが、最近では、デザインが豊富でカラフルな“オリジナル婚姻届”が人気だという。中でも話題を呼んでいるのが、全国の自治体と結婚情報誌『ゼクシィ』がコラボした「まちキュンご当地婚姻届」。結婚という人生の大イベントに彩りを添えている。

  • 2017年12月07日 06時00分

    ED・薄毛専門の遠隔診療登場、自費でも保険診療と同等の安価

    オンラインで遠隔診察を受けられるサービスが、日本でも徐々に増えてきた。通院が困難な人はもちろん、EDや薄毛など、対面での受診に心理的ハードルが高い疾患も遠隔診察に向いている。しかも、自費診療ながら保険診療と同等の価格を実現するサービスが登場した。

  • 2017年12月06日 06時00分

    国内初の「ネット炎上保険」はどこまで補償してくれるのか?

    SNSで誰もがメッセージを発信できる今、一般消費者の影響力は時に企業をも上回ることがある。もし、提供するサービスやそれにまつわる広告が「炎上」してしまえば、会社にとって手痛い損失となるだろう。そうしたネット炎上に備える「保険」が、損害保険ジャパン日本東亜から販売されている。炎上によって生じた損失はどのように補償されるのか? 

  • 2017年12月06日 06時00分

    太陽光発電買い取りに入札制度導入、初回が低調に終わった背景

    11月21日、大規模太陽光発電所(メガソーラー)設置の入札における第1回落札結果が公表された。今年4月の固定価格買い取り制度(FIT)改正に伴う日本初の試みで、入札対象は発電出力2メガワット以上の大型案件だ。従来、国が決めてきた買い取り価格に入札制度を導入するのはなぜか。

  • 2017年12月05日 06時00分

    外食値上げラッシュの裏事情、ビールも米も牛肉も人手も高騰

    ビール大手4社が業務用ビール類の値上げに踏み切った。米や牛肉などの食材費も、さらには人件費も上昇し、外食業界にメニュー価格値上げの大波が押し寄せている。コスト高にどう立ち向かうか。外食バトルは新局面を迎えた。

  • 2017年12月05日 06時00分

    任天堂スイッチ大ヒットが玩具クリスマス商戦の逆風になる理由

    街中には、イルミネーションが点灯され、クリスマス商戦が本格化する。玩具業界では、クリスマスと年末年始で年間売上高の4割を稼ぎ出すといわれている。今年の商戦はどうなるのか。その試金石として注目されているのが、「ニンテンドー3DS」向けの新作ゲームソフト、「ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン」。

  • 2017年12月05日 06時00分

    東芝が新生プラン抜本見直し、「劇薬増資」で背負った難題

    東芝が2018年中に自社の再生プランを改定することが分かった。稼ぎ頭だった半導体メモリー事業売却後に残る「新生東芝」の存続に向けて、具体策を打ち出せるかが焦点となる。

  • 2017年12月04日 06時00分

    トヨタ、異例の役員人事で「お友達内閣」発足の裏事情

    「豊田章男社長の強さと弱さが垣間見える人事だ」。トヨタ自動車が11月28日に発表した役員人事について、関係者はそんな見方を示す。役員人事は来年1月1日付で、従来より3カ月前倒しし、副社長を4人から6人に増やして現場を直接指揮する体制に改めるなど、あらゆる点で異例ずくめといえる。中でもトヨタ内外を驚かせたのが外部人材の大胆な登用だ。

  • 2017年12月04日 06時00分

    一泊10万円も続々、箱根の温泉宿の高級化が過熱する理由

    総工費110億円の豪華な新築旅館が4月、鳴り物入りでオープンした。箱根の名門企業、藤田観光による箱根小涌園 天悠だ。ところが開業すると、「料理が出るのが遅過ぎる」「スタッフがあいさつもしない」など、ネットの口コミには厳しい意見が並んだ。

  • 2017年12月04日 06時00分

    データ不正連鎖の元凶は素材メーカーへの「無理難題」

    神戸製鋼所、三菱マテリアルに続き、経団連会長の出身企業である東レまでもが品質データの改ざんに手を染めていた。これらの不正は半ば常態化しており斟酌できる類いのものではない。だがその一方で、素材メーカーの不正を誘引する構造的問題が浮上している。不正連鎖の元凶はどこにあるのか。

  • 2017年12月02日 06時00分

    買収されるくらいなら「する側」に、日本ペイントの挑戦は無謀か

    11月21日、世界4位の総合塗料メーカーの日本ペイントホールディングス(大阪府)が、同6位で自動車用塗料に強い米アクサルタの買収に乗り出していたことが英ロイターの報道で明らかになった。

  • 2017年12月02日 06時00分

    HPの院長紹介が長すぎる歯科医院に行かないほうがいい理由

    日本人は歯医者選びに無関心だ。「家の近くにある」など、些細な理由だけで決めている人が多い。しかし、歯科医院は選ばなければ高い確率で損をする。実際にあった悪質な歯科医院のエピソードをもとに、良い歯科医院の選び方を、歯科衛生士でブロガーのナカタコマチ氏に聞いた。

  • 2017年12月01日 06時00分

    FXのレバレッジ規制強化、不透明な導入理由に業者・投資家猛反発

    金融庁が検討している「FX(外国為替証拠金取引)レバレッジ規制」の強化に注目が集まっている。現在の規制の上限は25倍だが、金融庁がこれを10倍まで引き下げようとの検討を進めているからだ。こうした規制強化には反発の声が大きい。

  • 2017年11月30日 06時00分

    もう会社に縛られない!「フリーランス×パート就業」という働き方

    サラリーマン生活は苦痛だけど、いきなり会社を辞めたら生活できない…。多くのサラリーマンが秘かに抱くであろう悩みだが、働き方が多様になってきた今、意外にもフルタイムの正社員生活を脱出しても生きて行ける時代になってきている。

  • 2017年11月29日 06時00分

    中国と日本がサッカーで主導権争い…アジア五輪「ゲーム」競技で

    最近、ゲーム業界で成長の柱として注目されているのが「eスポーツ」だ。シューティングや格闘技など対戦型のゲームを実際のスポーツのように観戦するもので、決勝戦ともなれば大きなホールや体育館で派手な照明に実況中継が付き、プロレスさながらだ。

  • 2017年11月29日 06時00分

    生保が手数料見直しで「乗り合い代理店」に淘汰の波

    複数の保険会社の商品を販売する乗り合い代理店。その手数料体系をめぐって、生命保険各社と監督当局の金融庁との間で続けてきた協議がついに決着した。11月15日、生保各社の企画部門の担当者が集う業務企画部会が、手数料体系を“見直す”ことを金融庁に明示したのだ。

  • 2017年11月29日 06時00分

    金融機関にとって本当のリスクは金利が上がらないことだ

    かつては金融機関では金利上昇がリスクとして意識されていたが、日銀の異次元緩和以降、逆になった。「マイナス金利」が続けば、地域銀行の業務純益が半減する「2030年問題」という悪夢が現実になる。

  • 2017年11月29日 06時00分

    「東レよ、お前もか」財界総理出身企業も落ちたデータ改ざんの闇

    東レが、子会社で製品検査データの改ざんがあったことを明らかにした。財界総理を輩出した超優良企業ですら落ちた不正の闇は、いったいどこまで広がっているのか。今後、産業界を巻き込んだ大騒動に発展する可能性がある。

  • 2017年11月28日 06時00分

    新国立競技場やっぱり無駄だらけ、五輪後の採算に赤信号

    東京五輪が終われば、陸上競技の聖地で陸上競技ができなくなる──。11月13日、紆余曲折を経て、ついに新国立競技場の五輪後の利用方法が閣議決定された。陸上トラックをつぶして観客席を追加し、サッカー、ラグビーなどの球技専用にする。

  • 2017年11月28日 06時00分

    三菱UFJが子会社でフィンテックを推進する2つの理由

    今回、三菱東京UFJ銀行の持ち株会社である三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)が立ち上げた新たな子会社、「ジャパン・デジタル・デザイン(JDD)」の最高技術責任者(CTO)に楠正憲氏が着任したことで、業界の話題をさらった。

  • 2017年11月28日 06時00分

    アマゾンが「おせち」宅配に注力する理由、当日配達も実施

    “日本一背の高い”おせち料理を、生鮮食品注文の起爆剤に──。米インターネット通販大手のアマゾンは、2018年正月用のおせち料理のラインアップを450種類へと拡大する。年末年始には一部地域の有料会員向けに最短1時間でおせちを配送するサービスも始め、顧客の取り込みを狙う。

  • 2017年11月27日 06時00分

    日産、検査不正の反動で懸念される「過剰な現場管理強化」

    無資格の従業員が自動車の完成検査を行っていた問題をめぐり、日産自動車は11月17日、弁護士ら第三者を交えた調査チームによる報告書を国土交通省に提出した。この調査報告書から浮かぶのは、現場の実態を見過ごし続けた経営陣の姿だ。

  • 2017年11月27日 06時00分

    たった300円の最強英語教材「中学教科書」が“使える”理由

    昨年春、インターネット上ではある話題で持ち切りだった。「英語の教科書の先生がかわい過ぎるんだが……」。話題になったのは、東京書籍の中学校英語教科書、『NEW HORIZON』だが、絵に目を奪われてばかりではいけない。実は、この半世紀の長いスパンで、教科書の内容そのものが大きく変化しているのだ。

  • 2017年11月27日 06時00分

    GEがIoTで戦略見直し、顧客絞り込みで実績づくりを急ぐ理由

    電力事業の減益などのために株価—が低迷している米ゼネラル・エレクトリック(GE)が「十八番」である事業の選択と集中を進める。成長分野であるIoT(モノのインターネット)でも対象分野と顧客を絞り込み、経営資源を集中。実績づくりを最優先する。

  • 2017年11月27日 06時00分

    「大人の学び直し」で人気の学習アプリと塾はどこがすごいのか

    学習塾といえば、小中高生向けというイメージが強いだろう。だが、実は大人の需要も高い。近年学習アプリや社会人コースの登場で、気軽にいつでも学べる“環境”と“情報”が手に入りやすくなった。その結果、さらに大人の学び直しに拍車がかかっているのだ。

  • 2017年11月27日 06時00分

    金融庁の次の標的は保険業界、地銀と同列扱いの憂鬱

    銀行をはじめとした金融機関が警戒し、身構えていた金融庁の行政方針が11月中旬にようやく公表された。行政方針は、金融庁が金融機関の経営状況をチェックするにあたって、どのような問題意識を持ち、1年を通じて何を重点的に調べていくのかを示すものだ。

  • 2017年11月27日 06時00分

    ZOZOツケ払い開始1年、決済代行会社の「貸倒引当金」急増

    ファッション通販サイトのZOZOTOWNを運営するスタートトゥデイが2016年11月に始めた「ツケ払い」は、代金の支払期間を最長2カ月間とするサービスで、支払い能力の低い消費者の買い過ぎや滞納を引き起こすとの懸念が開始当初から指摘されていた。

  • 2017年11月25日 06時00分

    昼ドラが土曜深夜に復活!東海テレビが仕掛ける「夜のドラマ」

    フジテレビ系で毎週土曜よる11時40分から放送されているドラマ『さくらの親子丼』。深夜帯にも関わらず、どことなく昔懐かしい昼ドラのような雰囲気を醸し出していると話題になっている。それもそのはず、製作しているのはこれまで『牡丹と薔薇』など、昼ドラを半世紀以上にわたり作り続けてきた東海テレビ。昼ドラと深夜ドラマ、現場はどのように変化したのか。東海テレビの制作局次長兼東京制作部長・横田誠氏に話を聞いた。

  • 2017年11月24日 06時00分

    元赤軍派議長・塩見孝也氏死去、元連合赤軍兵士だから語れるその素顔

    過激派の一つだった「赤軍派」の塩見孝也元議長が今月14日に亡くなった。享年76歳。1970年代末に「赤軍派の総括」をテーマに論争し、その後も付き合いがあった元連合赤軍兵士の植垣康博さんは「まさに反面教師。悪い人ではなかったが冗談が通じないクソまじめな人だった」と話す。

  • 2017年11月24日 06時00分

    保険会社の管理職たちが医療保険に入らない理由

    青春新書プレイブックスから9月に発売された書籍、『「保険のプロ」が生命保険に入らないもっともな理由』。うかつに生命保険に加入することへの警鐘を鳴らした1冊で、発売時から高い注目を集め瞬く間に増刷された。保険の営業現場の実情や商品設計に関わる専門家たちの本音を知る著者の後田亨氏に、より詳しい”現場の声”を教えてもらった。

  • 2017年11月24日 06時00分

    医師が実践、膨大な資料もスッキリ片づく「袋に入れるだけ」整理法

    4段キャビネット7台分もの大量の資料を整理する医師であり、最近、『片づく!見つかる!スピーディー![完全版]超ファイルの技術』を上梓した刑部恒男氏が、独自に編み出した「WIファイル」法を紹介する。

  • 2017年11月23日 06時00分

    ずぼら美容がブーム!入浴中にできる肌ケア商品が続々登場

    家事に仕事に忙しく、美容に割く時間が足りないと嘆く女性は数多い。そんな彼女たちに支持されているのが「ずぼら美容」商品。特に最近、商品ラインナップが増えてきたのはインバスケア、つまりお風呂に入りながらお肌をケアできる美容商品だ。

  • 2017年11月23日 06時00分

    3メガ銀行の大リストラ、中間決算に見る「構造不況業種」ぶり

    11月14日、3メガバンクグループの2017年9月期(中間)決算が出そろった。そこには金融危機なき“平時”に大リストラの断行を迫られる3社の姿があった。

  • 2017年11月21日 06時00分

    三菱ケミカルの業績絶好調を支える「プラスチックの女王」とは?

    11月上旬に相次いで発表された総合化学メーカーの中間決算(2018年3月期)は、08年のリーマンショック前以来の、ほぼ10年ぶりとなる空前の好業績に沸いている。

  • 2017年11月21日 06時00分

    ANAのミャンマー進出が2度目の頓挫、アジア戦略にどう影響?

    ANAホールディングスは今秋、ミャンマーでの航空会社立ち上げを断念した。アジアの競合と伍して戦うため、新興国リスクに振り回されながらも、チャンスを貪欲につかもうと悪戦苦闘している。

  • 2017年11月21日 06時00分

    突発性難聴に年3~4万人、「普通の人」も襲う病気の厄介な実態

    ある日突然、聴力が奪われる突発性難聴――。このところ、ミュージシャンなどの著名人が発症して話題になっているが、実は誰にでも発症する可能性のある病だという。突発性難聴の症状や原因について専門医に聞いた。

  • 2017年11月20日 06時00分

    東電グループの訴訟トラブル判明!背景に天下り先優遇の企業体質

    次世代電力計「スマートメーター」をめぐり、東京電力ホールディングスの子会社と工事業者との間でトラブルが発生している。その元凶は、東電子会社による営業妨害にある。新経営体制が発足した東電は、稼ぐ体質への転換を標榜しているが、そんな理想とは懸け離れた、身内に甘い企業体質が明らかになった。

  • 2017年11月20日 06時00分

    神戸製鋼、名ばかりの「報告書」で囁かれるトップ辞任と再編機運

    「報告書」とは名ばかりで、中身はいわば“反省文”だった──。自らが手を染めた検査証明書のデータ改ざん等の不正行為に対し、11月10日に神戸製鋼所が発表した原因究明、および再発防止策に関する報告書のことである。

  • 2017年11月20日 06時00分

    山一証券破綻20年目の深層、非公開資料と元社員の証言で判明

    1997年11月、山一証券と北海道拓殖銀行が相次いで破綻し、国民に大きな衝撃が走った。それから20年、本誌が当局関係者から独自に入手した非公開資料と元社員の証言によって、山一が破綻に至った深層が明らかになった。

  • 2017年11月20日 06時00分

    嫌中・嫌韓をカネに、「愛国ビジネス」はなぜ盛り上がったのか

    近年、“愛国”を商材としたビジネスが流行している。書店の棚にはセンセーショナルなタイトルの“嫌韓・嫌中”本が並び、少し前に話題となった森友学園(塚本幼稚園)は、園児たちに熱心な愛国教育をしていた。一体どういう背景があって、愛国に日本人の需要が集まるようになったのか。専門家に話を聞きながらその歴史をたどってみた。

  • 2017年11月17日 06時00分

    格安スマホをさらに安く!通話とデータ消費量の工夫

    今やビジネスでもプライベートでも、格安スマホを使う人が増えている。前回に続き、今回は通話やデータ消費量に関するポイントを解説する。

  • 2017年11月16日 11時00分

    緊急避妊薬のOTC化、圧倒的世論を受けてもやはり不可

    性交から72時間以内に飲むことで妊娠を回避でき得ることから“アフターピル”とも呼ばれている「緊急避妊薬」。OTC(大衆薬)化の可否判断は、賛成大多数のパブリックコメントを受けても、やはり「不可」だった。

  • 2017年11月16日 06時00分

    格安スマホ・デビューのコツ、契約先は「料金以外」で選べ!

    今やビジネスでもプライベートでも、格安スマホを使う人が増えている。スムーズに「格安スマホデビュー」を飾るには、どうしたらいいのか。スマホジャーナリストの石川温氏が、格安スマホの選び方、買い方のポイントを徹底解説する。

  • 2017年11月16日 06時00分

    心の叫びをメロディに!ふらっとギターを弾いて歌える店が増加中

    若かりし頃にビートルズにハマった世代も定年間近──。そんな彼らを中心に今、気軽にふらっと入れて、ギターを弾いたり歌を歌ったりできるような酒場が人気だ。

  • 2017年11月15日 06時00分

    通勤に優しい「有料着席列車」を鉄道各社が続々投入の理由

    すし詰めの満員電車に長時間揺られ、身も心もくたくた──。こんな通勤風景が変わりつつある。首都圏において鉄道各社がダイヤ改正を行い、有料の着席列車を続々と投入しているからだ。

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

アスキー・ビジネスセレクション

ピックアップ